今西祐一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

今西 祐一郎(いまにし ゆういちろう、1946年8月6日[1] - )は、国文学者。総合研究大学院大学文化科学研究科日本文学研究専攻教授、元国文学研究資料館館長。九州大学名誉教授。文学博士日本学術会議会員。児童文学作家今西祐行は叔父[2]

経歴[編集]

福岡県北九州市生まれ。1969年京都大学文学部国文科卒、1972年同大学院修士課程修了、1974年静岡県立静岡女子大学講師、のち助教授、1978年京都府立大学助教授、1985年九州大学助教授、教授、文学部長を経て、九州大学副学長・理事。2009年3月、九州大学退職。同4月、総合研究大学院大学文化科学研究科日本文学研究専攻兼国文学研究資料館館長に就任。2017年3月末をもって、退職。

研究[編集]

蜻蛉日記』が専門で、同書は藤原兼家の協力を得て書かれた、兼家家集の宣伝のためのものだという説を唱えている。

著書[編集]

注釈[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.301
  2. ^ 関口安義「一つの花―評伝 今西祐行」教育出版のあとがきより