中古文学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中古文学会(ちゅうこぶんがくかい)は日本古典文学、とりわけ中古文学(平安時代の日本語文学)に関する学術研究団体である。

概要[編集]

  • 設立:1966年(昭和41年)11月
  • 代表委員:松岡智之(お茶の水女子大学文教育学部言語文化学科准教授)
  • 会員数:約1600名(団体会員を含む)
  • 主な活動:
毎年春と秋の大会におけるシンポジウムと研究発表
機関誌「中古文学」(年2回刊)の発行

学会賞[編集]

地区部会[編集]

  • 関西部会は2002年(平成14年)5月に発足。
年三回の例会を行う。事務局は廣田收同志社大学教授)研究室内(2011~2012年度)。

外部リンク[編集]