南波浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

南波浩(なんば ひろし、1910年-2000年6月29日)は、国文学者、同志社大学名誉教授。 京都府生まれ。京都帝国大学大学院修了。同志社大学助教授、教授、1981年定年退任、名誉教授、梅花女子大学教授。

著書[編集]

  • 『校異古本竹取物語』ミネルヴァ書房 1953
  • 『物語文学概説』ミネルヴァ書房 1954
  • 『物語文学 伝流から成立へ』三一書房 1958 古典とその時代
  • 紫式部集の研究 校異篇・伝本研究篇』笠間書院 1972
  • 『紫式部集全評釈』笠間書院 1983 笠間注釈叢刊

校注・共編著[編集]

  • 『竹取物語・伊勢物語』校註 朝日新聞社 1960 日本古典全書
  • 『大和物語』校註 朝日新聞社 1961 日本古典全書
  • 『紫式部集 付 大弐三位集・藤原惟規集』校注 1973 岩波文庫
  • 『源氏物語地名と方法』広川勝美共編 桜楓社 1990

記念論集[編集]

  • 『王朝物語とその周辺』笠間書院 1982
  • 『紫式部の方法 源氏物語・紫式部集・紫式部日記』笠間書院 2002

参考[編集]