大和物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大和物語』(やまとものがたり)とは、平安時代に成立した中古日本の物語。

内容・構成[編集]

当時の貴族社会の和歌を中心とした歌物語で、平安時代前期『伊勢物語』の成立後、天暦5年(951年)頃までに執筆されたと推定されている。登場する人物たちの名称は実名、官名、女房名であり、具体的にある固定の人物を指していることが多い。

通常では、内容は173段に区切られる。約300首の和歌が含まれているが、『伊勢物語』とは異なり統一的な主人公はおらず、各段ごとに和歌にまつわる説話や、当時の天皇・貴族・僧ら実在の人物による歌語りが連なったいわばオムニバスの構成となっている。

第140段までの前半は(物語成立の)近年に詠まれた歌を核として、皇族貴族たちがその由来を語る歌語りであり、141段からの後半は、悲恋や離別、再会など人の出会いと歌を通した古い民間伝説が語られており、説話的要素の強い内容となる。二人の男から求婚された乙女が生田川に身を投げる「生田川伝説」(147段)、「姥捨山伝説」(156段)などである。また『伊勢物語』にあらわれる「筒井筒」と同じ話が『大和物語』にも出てくるなど、『伊勢物語』の影響は色濃い。『後撰和歌集』や凡河内躬恒の『躬恒集』、『檜垣嫗集』、『公忠集』などの和歌が『大和物語』に出てくることから、これらの作品も『大和物語』と何らかの関係があろう。

ラ変動詞「あり」「居(お)り」の尊敬語である「いまそかり」が数多く使われている。

作者[編集]

作者について、古くは在原滋春花山院が擬せられたが、現在に至るまで未詳である。内容が宇多天皇や周辺の人物の話題になることが多く、その成立には宇多天皇の身辺に侍っていた女房が関わっているといわれる。以下作者ではないかとされる人物を列挙する。

  • 説(1):在原滋春(『伊勢物語』では在原業平が関係している点で。上覚『和歌色葉集』、一条兼良『伊勢物語愚見抄』)
  • 説(2):在原滋春作・花山院加筆(北村季吟『大和物語抄』)
  • 説(3):花山院釈由阿『詞林采葉抄』、一条兼良『歌林良材集』、宮内省書陵部蔵一本甘露寺親長本、御巫本注記、林恕『本朝通鑑』続編)
  • 説(4):伊勢(宇多天皇との関係から。伝源経信『伊勢物語知顕抄』、高橋正治『大和物語』(塙選書))
  • 説(5):敦慶親王侍女大和(林恕『本朝通鑑』続編、木崎雅興『大和物語虚静抄』)
  • 説(6):源順(阿部俊子『校注大和物語』)
  • 節(7):伊予(宮内省書陵部蔵石沢久吉献納本の奥書)
  • 説(8):清原元輔(妹尾好信『平安朝歌物語の研究:大和物語篇』)

書名の由来[編集]

『大和物語』は『伊勢物語』の影響のもとに成立した作品とされており、「大和」の名は「伊勢」に対する命名であるといわれている。しかし大和という名の女房が記した物語だから「大和物語」だとする説もあり、「大和」という題号がいかなる意味で付けられたのか定かではない。書名の由来については以下の諸説がある。

  • 説(1):大和しまね(日本国)…『伊勢物語知顕抄』、北村季吟『大和物語別勘』、井上文雄『冠注大和物語』、井上覚蔵・栗島山之助『大和物語詳解』、藤岡作太郎『国文学全史:平安朝篇』、池田亀鑑「国語と国文学」(第十巻第十号)
  • 説(2):大和ことば(和語)…藤原清輔『袋草紙』
  • 説(3):大和歌(和歌)による古事…北村季吟『大和物語抄』
  • 説(4):大和心…南波浩校注「大和物語」(朝日日本古典全書)
  • 説(5):伊勢物語に対する…北村季吟『大和物語抄』、武田祐吉・水野駒雄『大和物語詳解』、西下経一『日本文学史:第四巻』、阿部俊子『校注大和物語』
  • 説(6):敦慶親王侍女の名…林恕『本朝通鑑』続編、木崎雅興『大和物語虚静抄』、五十嵐力『平安朝文学史』
  • 説(7):大和国…荷田春満『群書一覧:巻三』、賀茂真淵『伊勢物語古意』
  • 説(8):都…賀茂真淵『大和物語直解』
  • 説(9):大和の国ぶり…折口信夫『日本文学史ノートⅡ』

前半と後半の分け方[編集]

  • 141段説…高橋正治(『日本古典文学全集:大和物語』)、柿本奨(『大和物語の注釈と研究』)、今井源衛(『大和物語評釈』)、高橋亨(『研究資料日本古典文学1:物語文学』)、松尾拾(「大和物語文体試論」日本大学『語文』第24輯)、柳田忠則(『大和物語の研究』)
  • 143段説…藤岡作太郎(『国文学全史:平安朝編』)
  • 147段説…雨海博洋(『歌語りと歌物語』)、南波浩(『日本古典全書:大和物語』)、阿部俊子・今井源衛(『日本古典文学大系:大和物語』)、森本茂(『大和物語全釈』)、片桐洋一(『鑑賞日本古典文学:大和物語』)、妹尾好信(『広島大学文学部紀要』第44巻)

附載説話[編集]

  • 附載説話第一類・・・『大和物語抄』、『大和物語秋成本』等に付記されている3章段の歌物語群を言う。『平中物語』の1段の前半、37段および34段、36段と、それぞれ一致している。
  • 附載説話第二類・・・御巫本と鈴鹿本にあり、172段と173段の間に入っている9章段で、これらの9章段は『平中物語』の19段から27段までの段序と一致している。ただし、主人公は右京の大夫源宗于になっている。

主な登場人物[編集]

伝本[編集]

『大和物語』の伝本は、藤原定家藤原為家藤原為氏らによって書写・校合されてきた二条家本系統と、藤原清輔・顕昭らがその著述の中に引用した六条家本系統に大別される。現行で一般に読まれている本文は二条家本系統のものである。

  • 第一類:二条家本系統
    • (一)為家本・・・尊経閣(前田家)蔵。京都大学国文学研究室本、京都大学図書館蔵本、武田祐吉本、木活字本、宮内庁書陵部蔵美濃判白茶色表紙袋綴本など。
    • (二)為氏本・・・小汀利得氏旧蔵酒井宇吉氏所蔵伝為氏筆本(池田亀鑑『古文学秘籍叢刊』)、筑波大学(旧・東京教育大学)蔵大永本(三条西家旧蔵逍遥叟本)など。
    • (三)定家本系
      • (1)寛喜本系・・・文明十年藤原親長筆本の転写本、、陽明文庫蔵本、松平文庫本、徳川家蓬左文庫蔵本、飛鳥井雅俊本、三条西家旧蔵学習院大学本など。
      • (2)天福本系・・・厳島神社宮司野坂元定氏蔵本(野坂氏蔵天福本)、大宰府神社蔵本[1]、無窮会文庫本[2]など。
      • (3)刈谷棭斎旧蔵本系・・・静嘉堂文庫蔵狩谷棭斎旧蔵本、京都大学国語国文学研究室所蔵近衛稙家筆本、大東急記念文庫本など。
      • (4)群書類従本系・・・群書類従本、古活字本、慶安元年版本、四天王寺宝蔵本(伝花山院自筆)など。
      • (5)北村季吟『大和物語抄』本系・・・北村季吟著『大和物語抄』(拾穂抄)、切臨著『大和物語首書』、賀茂真淵著『大和物語直解』、木崎雅興著『大和物語虚静抄』、井上文雄著『冠注大和物語』などの近世の注釈書の本文。
      • (6)京都大学国文学研究室本系・・・宮内庁書陵部蔵桂宮本、中川家旧蔵京都大学附属図書館所蔵本(中川家旧蔵京都大学本)、中院通勝細川家永青文庫本。本文は六条家本の影響を受けている。
  • 第二類:六条家本系統

高橋正治による分類[編集]

大和物語(尾形月耕画)[編集]

以下は尾形月耕による『大和物語』の木版画である。同じ歌物語の『伊勢物語』の絵画化は古くからあるが、『大和物語』については絵画化の例はほぼ皆無であり、月耕の作は珍しい例といえる。内容と章段番号は『日本古典文学大系』9に拠った。

注釈書[編集]

 → 高橋正治校注・訳(1994年)「大和物語」『新編日本古典文学全集12』所収、小学館。

 → 迫徹朗[編](1996年)『伊勢物語・大和物語」(細川家永青文庫叢刊:第十巻』汲古書院

研究書[編集]

 → 高橋正治(1988年)『大和物語の研究:系統別本文篇 上』、(1973年)『大和物語の研究:系統別本文篇 下』臨川書店

脚注[編集]

  1. ^ ただし、巻頭一葉を欠く。
  2. ^ 第139段まで。
  3. ^ 昭和51年『天理図書館善本叢書二十九』に複製
  4. ^ 御巫本とともに翻刻されて、高橋(1970年)『大和物語の研究 本文篇下』に収録
  5. ^ 「勝命」とは藤原親重(ちかしげ)の出家後の法名
  6. ^ 大永8年三条西実隆奥書あり。高橋正治『大和物語の研究 系統別本文編 上』(1969年)に翻刻あり
  7. ^ 高橋(1988年)『大和物語諸本目録 A系統』に全文複製収載
  8. ^ 所在不明
  9. ^ 室町初期写。文明十年藤原親長奥ほんの転写本。昭和51年刊『陽明叢書 国書篇 第9輯』に全文複製収載
  10. ^ 明応二年四月廿七日藤原親長書写の奥書、明応五年十一月廿八日左衛門尉為衆書写の奥書をもつ。
  11. ^ 高橋正治「大和物語」小学館『日本古典文学全集』所収はこれを底本とした
  12. ^ 「花山の院の御つくりものがたりなりとある本にあり」という奥書あり。
  13. ^ 近衛恵雲院関白稙家公外題、九条東光院関白頼通公」という 貼紙がある。
  14. ^ 文禄五年幽斎奥書あり
  15. ^ 久曾神昇『勝命本大和物語とその研究』)で発表。
  16. ^ 支子文庫本は第134段以降の零本
  17. ^ 今井源衛[編]「(支子文庫)大和物語(影印):釈文と解題」『在九州国文資料影印叢書:第2期-1』在九州国文資料影印叢書刊行会、1981年刊、後に今井源衛『王朝の物語と漢詩文』笠間書院、1990年刊に再録
  18. ^ 柿本(1981)に、「連名であるが、水野氏の著作と見てよいであろう。平明を旨とし、掘り下げた解釈は望めない略注である。全文の口訳も付いて更に平明を助ける。」として挙げられている。
  19. ^ 柿本(1981)に、「為家本を底本にする。本文にごく僅少の原文誤読があり(初刷)、校異提示の仕方、即ち巫鈴勝三本の取扱い方に窺われる著者の伝本認識に疑問があるが、普及に貢献し、研究を誘発する所が大きい、「付載説話」も収める。」として挙げられている。
  20. ^ 柿本(1981)に、「伝為氏本を底本にする。巻頭の詳細な解説は有益である。」として挙げられている。
  21. ^ 學燈社國文學』第6巻第11号から第13巻第11号に連載された「大和物語評釈(一)~(六十七)」と、梅光女学院大学紀要『日本文学研究』第25号に収載された「大和物語評釈(六十八」が、上下二冊本に再録されたもの。
  22. ^ 柿本(1981)は、「研究の立場で見る場合は従来のどの注釈書もそれぞれの意義を有し、取捨できるものではないが、常識的にいえば、本物語の注釈はこの『評釈』を批判する事から出発してよいといえよう。さほどに画期的な詳注・詳説であり、必読の述作である。しかし『大和物語』の章段の順序を解いて、更めて主人物単位に組み変えたため、章段の連接(構成)や編者の意図について考察する場を失われて。」として挙げられている
  23. ^ 柿本(1981)は、「(高橋)氏の『大和物語』認識の根幹が、この研究所によって窺われる。」として挙げられている
  24. ^ 上巻には為氏本・大永本・類従本・為家本・親長本・天福本の各翻刻と大永本影印とを、下巻には静嘉堂本・首書本・桂宮本・御巫本・鈴鹿本の各翻刻と鈴鹿本影印とを収める。
  25. ^ 『大和物語』に関しては、人物考・年次考を8篇収められている。

外部リンク[編集]