デタッチメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
は泥沼の上に舞い上がり、真っ白な花を咲かせる。そのためアジアでのいくつかの宗教ではデタッチメントの象徴とされている。

デタッチメント(Detachment)とは、 ノンアタッチメント(non-attachment)ともされ、ヒトが世界における物事、人物、価値観などへの愛着欲求を克服し、それによってより高い視点を獲得するという概念である。

用語の重要性[編集]

バハーイー教仏教ヒンズー教ジャイナ教ストア派道教などにおいては、デタッチメントは欲望から解放され、それ故に苦しみから解脱するという、重要な原理及び理想として示されている。

これと反対の概念は、仏教とヒンズー教の宗教書ではウパーダーナ)とされており、これはアタッチメント(attachment)と訳することができる。アタッチメントであることは、デタッチメントを実践・包容できない状態であり、これは穏やかで充実した生活を送ることの主な障害と見なされている。

その他多くのスピリチュアルな伝統では、デタッチメントが欠如した状態を、欲求と個人的野心を源とする、絶え間ない心配事と安定の欠如とみなしている。

バハーイー教[編集]

仏教[編集]

仏教
波羅蜜
 
十波羅蜜
布施
持戒
出離
精進
忍耐
真諦
   
六波羅蜜
布施
持戒
忍耐
精進
禅定
 
同色は両者に存在する項目

デタッチメントの概念は、パーリ仏典においてはネッカンマ英語版("nekkhamma") と記され、一般的にはrenunciation(放棄)と訳される。[要出典]この言葉は具体的には「世界を捨てて聖なる生活を導く」「欲望、渇望、欲望(タンハー)からの自由」といった意味を伝えている[1]

すなわちデタッチメントとは、一つの考えから切り離されている状態であり、精神的・感情的にも害されないよう、一つの考え・意見から自分自身を切り離すことである[2]

Maggānaṭṭhaṅgiko seṭṭho, saccānaṃ caturo padā;
Virāgo seṭṭho dhammānaṃ, dvipadānañca cakkhumā.

あらゆる道の中で八正道が最も優れている。
あらゆる(サティヤ)の中で四諦が最も優れている。
あらゆる状態の中で離欲が最も優れている。
あらゆる両足で立つ者の中で具眼者(仏陀)が最も優れている。


ヒンズー教[編集]

ジャイナ教[編集]

ジャイナ教においては、デタッチメントは非暴力と共に最高の理想の一つとされる。 非占有とデタッチメントは、ジャイナ教倫理(Mahavratas)の一つであり、ジャイナ教僧侶の5つの誓いの一つである[3]

道教[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]