預流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

預流(よる、: sotāpanna ソーターパンナ, : srotāpanna スローターパンナ, स्रोत आपन्न、音写:須陀洹〈しゅだおん〉)とは、仏教において無漏(むろ)の聖者の流れに入った者であり、四向四果の最初の段階。

原始仏教では、有身見(うしんけん)・戒禁取見(かいごんじゅけん)・疑の三結を断じた者が得る位であった。のち、『倶舎論』では、見道において見惑の八十八随眠(ずいめん)煩悩を断った者が得るとしている。

この位に達すると退転することなく、最大でも7回人間界天界を往来するだけで悟りに達する。

関連項目[編集]