ブッダガヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブッダガヤ
बोधगया
ブッダガヤの大菩提寺
ビハール州の位置を示したインドの地図
ブッダガヤの位置
ブッダガヤの位置
ブッダガヤ
ブッダガヤの位置
測地系: 北緯24度41分42秒 東経84度59分28秒 / 北緯24.695度 東経84.991度 / 24.695; 84.991
インドの旗 インド
ビハール州
行政区 ガヤー県 (Gaya district)
標準時 IST (UTC+5:30)

座標: 北緯24度41分42秒 東経84度59分28秒 / 北緯24.695度 東経84.991度 / 24.695; 84.991

ブッダガヤサンスクリットBuddha-gayā、ヒンディー बोधगया)は、インド北東部ビハール州ガヤー県にある仏教の聖地。ガンジス川の支流ニーラージャナー川(リラージャーン川、ナイランジャナー、尼連禅河)に臨む。仏陀伽耶[1]ボードガヤー(Bodhgaya)[1]あるいはボード・ガヤー(Bodh Gaya)、単にガヤー(Gaya) とも表記する[2]

釈迦如来)が菩提樹の下で成道(悟り)を開いたとされる地として知られる八大聖地の1つで、仏教では最高の聖地とされている。紀元前3世紀頃にアショカ王の建立とされる寺院を起源とするマハーボディ寺院がある[2]マラーター王国の宰相バーラージー・バージー・ラーオといった権力者も訪れている。

概要[編集]

インド東部、ビハール州、ネーランジャヤー(尼蓮禅)河のほとりにある[1]。ブッダガヤには、中心にあるブッダガヤの大菩提寺(マハーボーディ寺)と、そのまわりにある各国各宗派の寺院(例としては中国寺、日本寺、ネパール寺など)がある。

マハーボーディ寺の中には、その本堂である高さ52mの大塔と、ゴータマ・ブッダが成道したときに座っていた金剛宝座と、成道したときにその陰にいたゴータマ・ブッダの菩提樹、沐浴の蓮池がある。

2013年にはブッダガヤ爆弾テロ事件が起こされている[3]


出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 北進一 2005, p. 2.
  2. ^ a b コトバンク”. 2019年1月13日閲覧。
  3. ^ AFP/Imran Khan (2013年7月8日). “仏教の聖地で連続爆発、僧侶2人負傷 インド・ブッダガヤ”. AFP通信. パトナ/インド. http://www.afpbb.com/articles/-/2954694?pid=11014456 

関連項目[編集]