小乗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小乗(しょうじょう、: हीनयान Hīnayāna)とは仏教用語で[1]、劣った(ヒーナ)乗り物(ヤーナ)の意味する[2]語。個人の解脱を目的とする教義を、大乗側が劣った乗り物として貶めて呼んだものであり、[1]中立的な呼び名ではない[3]衆生の救済を目的とする教義(大乗、大乗仏教、偉大な乗り物)と対比的に用いる。菩薩行を称え、自らの教えを大乗と僭称する集団が、声聞乗と縁覚乗の二乗をまとめて小乗と呼んだ(この場合の声聞乗は当時の部派仏教を指していたとされる)[4]。ただし、大乗の語自体は、漢訳の阿含経[6]のなかにも見い出される[7]。大乗仏教は声聞乗と縁覚乗と菩薩乗を三乗とし、このうち声聞と縁覚の二乗を小乗として斥けた[8]

小乗の語は般若経の発展史のなかでは大乗よりも遅れて成立しており[9]、大乗の興起した時代の最初期には、大乗が対立する既存の伝統仏教を小乗と名指すことはなかった[10]。また、その指示対象も当初は限定的であり、「偉大な乗り物」を自称した初期大乗仏教(般若経の論師たち)が批判の対象としたのは、説一切有部(せついっさいうぶ)の中の特定の部派だったとされ、必ずしも部派仏教全体を批判したわけではなかった[11]。なお、初期仏教の仏典に由来するとされる阿含経の漢訳のなかでは、瞿曇僧伽提婆(ゴータマ・サンガデーヴァ)訳「増一阿含経」に小乗という漢語の使用が1例だけみられる[12][13]

小乗仏教は大乗仏教の側からの蔑称であり、その語が出現した時代に小乗と名指された部派仏教がこれを自称したわけではない[14]上座部系のスリランカ分別説部大寺派に発するとされる[15]今日の南伝仏教を日本では小乗仏教と呼ぶこともあるが、小乗の語の由来に鑑みると不適切であるとされる[16](今日の南伝仏教はテーラワーダ(長老)仏教を自称し[17]上座部仏教、上座仏教と呼ばれている)。竹村牧男は、大乗と小乗の違いについて、小乗は最終的に阿羅漢を目指すものであるのに対して、ひとは最終的に仏になれるとするのが大乗の特徴のひとつであると説明している[18]

小乗を侮蔑的に用いた他の事例としては、古代中世において延暦寺の僧侶が自寺の戒壇を「大乗戒壇」と呼び、大乗戒壇を認めようとしない東大寺の戒壇を「小乗戒壇」と呼んで非難していたことがあった。こうした表現は今日では延暦寺も避け、東大寺などの南都(奈良)やその系統の戒壇を「南都(系)戒壇」と呼ぶことが多い。[要出典]

注釈・出典[編集]

  1. ^ a b 「しょう‐じょう」 - デジタル大辞泉
  2. ^ 「小乗仏教」 - ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  3. ^ 「しょうじょうぶっきょう」 - 世界大百科事典 第2版
  4. ^ 『岩波 仏教辞典』52頁、「小乗」の項。
  5. ^ 平岡聡『大乗経典の誕生』筑摩書房〈筑摩選書〉、2015年、41-44頁。
  6. ^ 阿含経は原始仏教聖典とされる経典群。北方仏教所伝の現存する漢訳の四阿含は、それぞれ個別の部派が伝持していたものに由来しており、南方仏教所伝のパーリ語聖典のニカーヤとある程度の対応関係がある[5]
  7. ^ 大乗 (阿含部・毘曇部) - 大正新脩大蔵経テキストデータベース。
  8. ^ 平岡聡『大乗経典の誕生』筑摩書房〈筑摩選書〉、2015年、126頁。
  9. ^ 中村元・三枝充悳『バウッダ』小学館ライブラリー、337頁。
  10. ^ 中村元・三枝充悳『バウッダ』小学館ライブラリー、226頁、337頁。
  11. ^ 『バウッダ』 中村元・三枝充悳著. 小学館. 337-338頁。
  12. ^ 小乗 (阿含部) - 大正新脩大蔵経テキストデータベース。
  13. ^ 増一阿含経は定説では部派の大衆部所伝とされるが、大乗教徒によって伝えられ修飾されたものとの見解もある(平川彰による)。静谷正雄「漢訳『増一阿含経』の所属部派」参照。
  14. ^ 『岩波 仏教辞典』52頁、「小乗」の項。
  15. ^ 『岩波 仏教辞典』781頁、「南伝仏教」の項;521頁、「上座部」の項。
  16. ^ 『岩波 仏教辞典』52頁、「小乗」の項。
  17. ^ 『岩波 仏教辞典』781頁、「南伝仏教」の項
  18. ^ 竹村牧男著(講談社学術文庫) 『インド仏教の歴史 - 覚りと空』 第3章 大乗仏教の出現、140頁。

関連項目[編集]