三枝充悳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三枝 充悳(さいぐさ みつよし、1923年4月18日 - 2010年10月19日)は、日本の仏教学者筑波大学名誉教授。

略歴[編集]

静岡県静岡市生まれ。父は海軍軍医中尉・三枝恵作。第一高等学校在学中、1943年学徒出陣するが内地勤務で敗戦。東京大学文学部哲学科卒業、大学院(旧制)修了、東大助手、ミュンヘン大学に留学、62年Ph.Dを受ける。帰国後、國學院大學助教授、1971年「東洋思想と西洋思想」で國學院大学文学博士。75年筑波大学教授、1987年定年退官後に名誉教授となる。日本大学教授、東方学院長。2000年春、勲三等瑞宝章受勲[1]

2010年10月19日肺炎のため東京都世田谷区の病院で死去。87歳没[2]

著書[編集]

著作集[編集]

  • 三枝充悳著作集 全8巻、法藏館 2004-2005
  1. 仏教概説
  2. 初期仏教の思想
  3. バウッダ
  4. 縁起の思想
  5. 龍樹
  6. 仏教の宗教観・人間観
  7. 比較思想論Ⅰ
  8. 比較思想論Ⅱ

共編著[編集]

  • 講座 仏教思想 全7巻 理想社 1974-1982
  • 東洋文化と日本 今井淳共編 ぺりかん社 1975
  • 人間とは何か ひとつの比較思想 玉城康四郎共編 第三文明社(レグルス文庫) 1978.3
  • 仏教と精神分析 岸田秀共著 小学館 1982.9 / レグルス文庫 1997
  • 仏教の思想 対談集 春秋社 1986.4
  • バウッダ 佛教 中村元共著 小学館 1987.3、同ライブラリー 1996 / 講談社学術文庫 2004
  • インド仏教人名辞典 法蔵館 1987.3

翻訳[編集]

  • 東洋思想と西洋哲学 比較哲学論集 C.A.ムーア編 理想社 1956
  • 法華経 現代語訳 第三文明社(レグルス文庫 全3巻) 1974、単行判(全1巻) 1978
  • カント全集第15巻 自然地理学 イマヌエル・カント 理想社 1975
  • 中論 縁起・空・中の思想 第三文明社(レグルス文庫 全3巻) 1984.3
  • インド仏教思想史 S.ラーダークリシュナン 羽矢辰夫共訳 大蔵出版 1985.12、新装版2001.7
  • ダンマパダ 「法句経」 青土社 1989.6
  • 新国訳大蔵経 阿含部 1 長阿含経 1 大蔵出版 1993.8
  • ブッダの入滅 現代語訳「阿含経」 青土社 2000.11

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]