玉城康四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

玉城 康四郎(たまき こうしろう、1915年7月29日 - 1999年1月14日)は、日本仏教学者。世界各地の宗教を研究した。

経歴[編集]

熊本県熊本市浄土真宗の門徒の家に生まれ、高校時代から禅、真宗の師につく。1936年第五高等学校(現・熊本大学)卒、1940年東京帝国大学文学部印度哲学科卒業、大学院に進む。42年10月召集を受け、敗戦を迎えて熊本の専門学校で教えたあと、51年再上京し大学院に復帰。54年東洋大学文学部勤務、1959年「天台実相観における心の捉え方の問題」で東大文学博士、同年東京大学文学部印度哲学科助教授、64年教授、76年定年退官、名誉教授、東北大学教授、79年日本大学教授、86年定年退任。87年春、勲三等瑞宝章受勲。

著書[編集]

  • 『心把捉の展開―天台実相観を中心として』山喜房佛書林 1961
  • 『宗教と人生』春秋社 1967
  • 『冥想と経験』春秋社 1973
  • 『信仰の実証』百華苑 1974
  • 盤珪禅師 法語・説法』講談社(禅の古典8)1982、(禅入門9)1994
  • 『仏教の根底にあるもの』講談社 1982、講談社学術文庫 1986
  • 『東西思想の根底にあるもの』講談社 1983、講談社学術文庫 2001
  • 『仏教の思想』法蔵館 1985
  • 『比較思想論究』講談社 1985
  • 『新しい仏教の探求』大蔵出版 1990
  • 『華厳入門』春秋社 1992
  • 『生命とは何か』法蔵館 1993
  • 正法眼蔵』上下(仏典講座37)大蔵出版 1993
  • 『現代語訳 正法眼蔵』全6巻 大蔵出版 1994
  • ダンマの顕現』大蔵出版 1995
  • 『脳幹と解脱』哲学書房 1996
  • 道元』春秋社 1996
  • 無量寿経 永遠のいのち』大蔵出版 1996
  • 『仏教を貫くもの』大蔵出版 1997
  • 『仏道探究』春秋社 1999
  • 『悟りと解脱』法蔵館 1999

論文[編集]

関連項目[編集]

参考[編集]

  • 『仏道探究』-自伝的な部分を含む。

外部リンク[編集]