仏教学者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

仏教学者(ぶっきょうがくしゃ、Buddhist scholar)は、仏教を研究の対象とする研究者学者

概要[編集]

近代的な意味での仏教学者の始まりは、19世紀のヨーロッパであり、アジアを対象とする植民地政策の一環で始まった現地の宗教・言語・習俗を研究対象として、インド哲学比較宗教学比較文献学の1分野として、また、フランスでのオリエンタル趣味に始まる東洋学の1分野として、仏教学が成立した。

この時代の仏教学者としては、マックス・ミュラーリス・ディヴィスヘルマン・オルデンベルグチョーマ、Fyodor_Shcherbatskoy、Ernst、Leumannなどが挙げられる、

日本の仏教学者[編集]

日本の仏教学者は主として各宗派の設立した仏教系大学か、東京大学・京都大学を中心とする旧帝国大学にその籍を置いている事が多い。その他、文化系の『仏教青年会(壮年会)』を持つ慶應義塾大学早稲田大学にも独自の学風を持ったグループが存在する。

また日本国外の仏教学者が研究留学に来日し、客員教授として教えることも多い。

著名な仏教学者[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

わ行[編集]


参考文献[編集]

  • 鷹谷俊之 『東西仏教学者伝』 華林文庫〈華林仏教学叢書〉、1970年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]