白石凌海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

白石 凌海(しらいし りょうかい、1948年-)は、真言宗豊山派僧侶群馬県東吾妻町正泉寺住職)、仏教学者Ph.D.)。

大正大学大学院博士課程満期退学、デリー大学へ留学、Ph.D.取得。専門はインド哲学仏教学

著書[編集]

  • 『Asceticism in Buddhism and Brahmanism』(Institute of Buddhist Studies、1996年)
  • 『インド死を生きる』(明石書店、1997年)
  • 『ラメーシュのミルク』(ノンブル社、2000年)
  • 『インド輪廻に生きる 大沐浴祭』(明石書店、2002年)
  • 『仏陀を歩く 誕生から涅槃への道』(講談社選書メチエ、2004年)
  • 『仏陀 南伝の旅』(講談社選書メチエ、2010年)

翻訳[編集]

論文[編集]

参考[編集]