木村清孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木村 清孝 (きむら きよたか、1940年12月19日 - )は、日本の仏教学者僧侶、専攻は華厳思想を基にした東アジア仏教研究。曹洞宗龍宝寺函館市)住職、総持学園常務理事、東京大学名誉教授、国際仏教学大学院大学特任教授、仏教伝道協会理事、鶴見大学仏教文化研究所特別顧問。東大寺華厳学研究所長。

熊本県天草生まれ、幼少時に北海道函館へ移住。1963年東京教育大学文学部倫理学科卒、71年東京大学大学院博士課程満期退学。75年「初期華厳思想の研究」で東大文学博士。79年四天王寺女子大学教授、83年東京大学文学部助教授、88年教授。2001年定年退官、名誉教授、鶴見大学短期大学部教授・学長も務めた(2014年退任)。

著書[編集]

  • 『初期中国華厳思想の研究』 春秋社、1977年
  • 『中国仏教思想史』 世界聖典刊行協会〈パープル叢書〉、1979年
  • 『中国華厳思想史』 平楽寺書店、1992年
  • 『華厳経をよむ』 日本放送出版協会〈NHKライブラリー〉、1997年。元版はラジオ「宗教の時間」放送テキスト(1994年)
  • 『春陽秋霜 折々の記』 山喜房佛書林、2001年
  • 東アジア仏教思想の基礎構造』 春秋社、2001年
  • 『仏教の思想』 <放送大学テキスト>日本放送出版協会、2005年
  • 『さとりへの道 華厳経に学ぶ』 NHK出版、2014年。「シリーズこころの時代 宗教・人生」放送テキスト(同年4月-9月)
  • 『『正法眼蔵』全巻解読』佼成出版社、2015年

共著・編著・訳注[編集]

  • 華厳経浄行品、夜摩天宮菩薩説偈品、十地品(抄)、入法界品(抄)』 筑摩書房〈仏教経典選5〉、1986年
  • 法蔵 『華厳五教章』 中央公論社大乗仏典中国・日本篇7〉、1989年
    • 現代語訳のみ。他に『金師子章』(木村訳注)、圭峰宗密『原人論』(小林円照訳)を収録
  • 編著 『仏教漢文読本』 春秋社、1990年
  • 法蔵』 鍵主良敬共著、大蔵出版〈人物中国の仏教〉、1991年
  • ブッダの世界』玉城康四郎共著、日本放送出版協会〈NHKブックス〉、1992年
  • 『華厳部4 十住経 大蔵出版〈新国訳大蔵経 インド撰述部〉、2007年
  • 『華厳宗部 華厳五教章(宋本)』 大蔵出版〈新国訳大蔵経 中国撰述部①-1〉、2011年。
    • 他は、木村訳註『金師子章』、吉田叡禮訳註『法界玄鏡』
  • 『シリーズ・東アジア仏教』(全5巻)、高崎直道共編、春秋社、1997年
  • 『新アジア仏教史6 中国Ⅰ 南北朝-仏教の東伝と受容』佼成出版社、2010年
    • 「第1章 中国の仏教」を収録。全15巻、編者代表・沖本克己

論文[編集]

記念論集[編集]

  • 『木村清孝博士還暦記念論集 東アジア仏教-その成立と展開』(春秋社 2002年)