新国訳大蔵経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新国訳大蔵経(しんこくやくだいぞうきょう)とは、大蔵出版が出版している、大乗仏教の漢訳大蔵経を日本語訳した大蔵経一切経)の1つ。

大正新脩大蔵経を底本とし[1]、その中から主要な仏典を選んで編纂・日本語訳している。

構成[編集]

インド撰述部が1993年から刊行され、現在50巻となっている[2]。2011年からは中国撰述部の刊行も開始され、12巻が出版されている(2015年3月現在)。

  • インド撰述部 --- 既刊50巻51冊
    • 阿含部(1-5) --- 5巻
    • 本縁部(1-2, 4-5) --- 4巻
    • 般若部(-)
    • 法華部(1-2) --- 2巻
    • 華厳部(4) --- 1巻
    • 涅槃部(1-5) --- 5巻
    • 浄土部(3) --- 1巻
    • 如来蔵・唯識部(1) --- 1巻
    • 文殊経典部(1-2) --- 2巻
    • 禅定経典部(2) --- 1巻
    • 諸経部(1-2) --- 2巻
    • 密教部(1-4, 6-7) --- 6巻
    • 律部(7,10) --- 2巻
    • 釈経論部(11上下-19) --- 9巻(10冊)
    • 毘曇部(1-2, 6-7) --- 4巻
    • 瑜伽・唯識部(11-12) --- 2巻
    • 論集部(1-2, 5) --- 3巻
  • 中国撰述部 --- 既刊12巻
    • 経疏部〈般若・維摩系〉(1-2) --- 2巻
    • 三論宗部(1-2) --- 2巻
    • 法華・天台部(1-3) --- 3巻
    • 華厳宗部(1) --- 1巻
    • 禅宗部(1) --- 1巻
    • 浄土教部(1) --- 1巻
    • 史伝部(1-2) --- 2巻

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]