斎藤明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

斎藤 明(さいとう あきら、1933年昭和8年)9月30日 - 2013年平成25年)6月13日[1])は日本実業家毎日新聞社代表取締役社長・会長を歴任した。

来歴[編集]

上海生まれ。都立日比谷高校東京大学法学部卒業。

1959年、毎日新聞社に入社。横浜支局、社会部、政治部に勤務。1979年、政治部副部長時代に連載記事『転換期の安保』にてサントリー学芸賞を受賞[2]。政治部長や論説委員長、主筆兼東京本社編集局長、専務を経て、1998年6月、代表取締役社長に就任。2003年5月、毎日新聞記者によるアンマン空港爆発事件が発生。2004年1月には毎日新聞社長監禁事件で監禁された。

2004年6月、会長に就任。2005年6月、会長を退き相談役に就任[1]

2013年6月13日、腎細胞癌のため死去[1]。79歳没。

発言[編集]

「毎日新聞社長監禁事件」におけるコメント
  • 「今回、初めて犯罪の被害者となり、被害者の立場のつらさ、人権の重さを、文字通り身にしみて感じております」
  • 「できうるなら私と私の家族の人権は守らせていただきたい」
  • 「一部の週刊誌は、興味本位に私の人権名誉を顧みない内容の問い合わせをしてきています。それがそのまま記事として公表されるかどうかはわかりませんが、同じ報道に携わる者として悲しい限りです」
アンマン空港爆発事件
  • 2003年5月7日、現場となった空港を訪れ
「おわび、お見舞いのために来ました。ここで警備員が亡くなり、そのおかげで多くの人が助かった。ヨルダン国民に深くおわびしたい」

家族・親族[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “訃報:斎藤明さん 79歳=毎日新聞元社長”. 毎日新聞. (2013年6月14日). http://mainichi.jp/select/news/20130614ddm001060049000c.html 2013年6月14日閲覧。 
  2. ^ 斎藤 明 (さいとう あきら)『転換期の安保』への寄与を中心として
  3. ^ a b 佐藤朝泰 著 『豪閥 地方豪族のネットワーク』 (立風書房 2001年) 436―437頁
  4. ^ 佐藤朝泰 著 『豪閥 地方豪族のネットワーク』 (立風書房 2001年) 440頁
先代:
小池唯夫
毎日新聞社社長
1998—2004
次代:
北村正任