大蔵出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大蔵出版
正式名称 大蔵出版株式会社
現況 事業継続中
種類 株式会社
出版者記号 8043 
取次コード 4382
設立日 1932年6月20日
本社郵便番号 〒150-0011 
本社所在地 東京都渋谷区東2-5-36
大泉ビル
資本金 1千万円
得意ジャンル 宗教、哲学
外部リンク http://daizoshuppan.azurewebsites.net/
テンプレートを表示

大蔵出版(だいぞうしゅっぱん)は、1932年高楠順次郎らによって設立された、日本仏教出版社仏教書総目録刊行会幹事社。

大正新脩大蔵経』、『南伝大蔵経』などの仏典経典の原典著解や専門書を刊行している。

概要[編集]

著名な仏教学者が訳文・注解を行った『佛典講座』が、十数年かけ30数冊が発刊された。

1993年からは新世代の仏教学者も加わった研究解説による「新国訳大蔵経」が刊行中である。

ダライ・ラマ講演集も刊行している。

2014年に同じく仏教書出版社である大法輪閣と合併した。

復刻本に関する主張[編集]

国立国会図書館が、著作権の保護期間が切れた『大正新脩大蔵経』などの翻訳版をネットで公開していることについて、加盟する日本出版者協議会を通して異議を申し立て、図書館側での最終結論が出るまで公開を館内閲覧のみに変更させた[1]

社長はインタビューで「著作権が切れても刊行中であるならば商業道徳に反する」と主張し、青空文庫など保護期間が切れた作品のデータ配布事業に関しては「夏目漱石の作品などと今回とは全然性格が違うので、どうこう言うものではありません」と発言している[2]

所在地[編集]

東京都渋谷区東2-5-36

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]