片山一良 (仏教学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

片山 一良(かたやま いちろう 1942年 - )は、日本パーリ仏教学者。駒澤大学名誉教授曹洞宗花岳寺兵庫県赤穂市)の住職

来歴[編集]

兵庫県赤穂市の花岳寺に生まれる。兵庫県立赤穂高等学校、駒澤大学仏教学部仏教学科卒業。同大大学院修士課程修了。大谷大学大学院博士後期課程単位取得退学。

1975年より駒澤大学助教授、1985年より同大教授。2013年大学を退職、名誉教授。

オックスフォード大学客員研究員東京大学非常勤講師中山大学(中国)客員教授、パーリ学仏教文化学会理事長などを歴任[1]

著書[編集]

  • 『「ダンマパダ」をよむ』上・下(日本放送出版協会、2007年)
  • 『ブッダのことば パーリ仏典入門』(大法輪閣、2008年)
  • 『ダンマパダ全詩解説-仏祖に学ぶひとすじの道-』(大蔵出版、2009年)

翻訳書[編集]

  • 『原始仏教』1-14(原始仏教研究室編、中山書房仏書林
  • 『パーリ仏典 第1期』1-6(大蔵出版、1997年)
  • 『パーリ仏典 第2期』1-6(大蔵出版、2003年)

論文[編集]

参考文献[編集]

  • 『ブッダのことば パーリ仏典入門』(大法輪閣、2008年)

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 大法輪閣. “片山一良”. 2020年4月4日閲覧。

 

外部リンク[編集]