竹村牧男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竹村 牧男(たけむら まきお、1948年2月25日- )は、日本の仏教学者筑波大学名誉教授、東洋大学学長。

略歴[編集]

東京生まれ。1971年東京大学文学部卒業、1975年、同大学院印度哲学専修博士課程中退。

文化庁宗務課専門職員、三重大学助教授、筑波大学助教授、教授、2002年定年退官、名誉教授、東洋大学文学部教授、2009年9月より同学長。

1993年に「唯識思想論攷 -三性説の哲学的究明」で文学博士(東京大学)。2013年から放送大学においても講師を務める。

人物[編集]

著書[編集]

  • 良寛の詩と道元禅』 大蔵出版 1978.12
  • 『唯識の構造』 春秋社 1985.10、新装版2001.8
  • 大乗起信論読釈』 山喜房仏書林 1985.10
  • 『大乗仏教入門』 佼成出版社 1986.2、改訂版2003.10
  • 『はじめての禅』 講談社現代新書 1988.6 / 「禅のこころ その詩と哲学ちくま学芸文庫 2010.1
  • 『「覚り」と「空」 インド仏教の展開』 講談社現代新書 1992.1 / 「インド仏教の歴史」 講談社学術文庫 2004.2
  • 『唯識の探究 『唯識三十頌』を読む』 春秋社 1992.4、新装版2001.10
  • 『良寛 日本人のこころの原点』 廣済堂出版 1994.7
  • 『知の体系 迷いを超える唯識のメカニズム』 佼成出版社 1996.r6
  • 『仏教は本当に意味があるのか』 大東出版社 1997.11
  • 『良寛『法華讃』評釈 『法華経』の深旨を開く』 春秋社 1997.7
  • 『親鸞と一遍』 法藏館 1999.8
  • 『唯識のこころ 『観心覚夢鈔』を読む』 春秋社「新・興福寺仏教文化講座」 2001.6
  • 『良寛さまと読む法華経』 大東出版社 2001.7
  • 『禅の哲学 自己の真実を尋ねる』 沖積舎 2002.7
  • 西田幾多郎と仏教 禅と真宗の根底を究める』 大東出版社 2002.11
  • 般若心経を読みとく 仏教入門の第一歩』 大東出版社 2003.7
  • 『華厳とは何か』 春秋社 2004.3
  • 『西田幾多郎と鈴木大拙 その魂の交流に聴く』 大東出版社 2004.11
  • 『『正法眼蔵』講義 現成公案・摩訶般若波羅蜜』 大法輪閣 2005.1
  • 『禅と唯識 悟りの構造』 大法輪閣 2006.3
  • 『『正法眼蔵』講義 仏性』 大法輪閣 2007
  • 『入門 哲学としての仏教』 講談社現代新書 2009.4
  • 『『成唯識論』を読む』 春秋社「新・興福寺仏教文化講座」 2009.5
  • 『『華厳五教章』を読む』 春秋社 2009.11
  • 『日本浄土教の世界』 大東出版社 2012.2
  • 『〈宗教〉の核心 西田幾多郎と鈴木大拙に学ぶ』 春秋社 2012.10
  • 『大乗仏教のこころ』 大東出版社 2013.9
  • 『禅の思想を知る事典』 東京堂出版 2014.1
  • 『日本仏教 思想のあゆみ』 講談社学術文庫 2015.3
  • 『心とはなにか 仏教の探究に学ぶ』春秋社 2016.8
  • 『ブッディスト・エコロジー 共生・環境・いのちの思想』ノンブル社 2016.10
  • 『『大乗起信論』を読む』春秋社 2017.1

共編著[編集]

  • 親鸞を歩く』 佼成出版社「写真紀行日本の祖師」 1992.1。土田ヒロミ・写真
  • 『ブッダの宇宙を語る (上・下) 華厳の思想』 日本放送出版協会 2002.3-9。※NHK教育テレビ「シリーズ こころの時代」通年の放送講座テキスト
  • 『共生のかたち 「共生学」の構築をめざして』 松尾友矩 誠信書房 2006.5
  • 『サステイナビリティとエコ・フィロソフィ 西洋と東洋の対話から』 中川光弘 ノンブル社 2010.3
  • 『井上円了 妖怪玄談』 大東出版社、2011.1、監修
  • 『いま、生きる良寛の言葉』 青春新書:青春出版社 2011.6、監修
  • 『仏教と儒教 日本人の心を形成してきたもの』放送大学教材 2013.3
  • 『日本仏教のあゆみ 信と行』NHK出版 2015.3。教育テレビ「シリーズ こころの時代」放送テキスト

訳・注釈[編集]

論文[編集]

参考[編集]

  • 『現代日本人名録』2002年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
松尾友矩
東洋大学学長
第41代:2009-
次代: