塩川正十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
塩川 正十郎
しおかわ まさじゅうろう
Masajuro Shiokawa cropped 2 Finance Ministers of G7 20030412.jpg
生年月日 (1921-10-13) 1921年10月13日
出生地 日本の旗 日本 大阪府布施市(現・東大阪市
没年月日 (2015-09-19) 2015年9月19日(93歳没)[1]
死没地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
出身校 慶應義塾大学経済学部経済学科卒業
前職 三晃代表取締役社長
布施青年会議所理事長
布施市助役
弘容信用組合常務理事
日本武道館会長
東洋大学理事長・総長
関西棋院理事長
自由国民会議代表
国民政治協会会長
所属政党 自由民主党
称号 勲一等旭日大綬章
経済学士(慶應義塾大学・1944年
大阪府東大阪市名誉市民
親族 父・塩川正三

日本の旗 第2代 財務大臣
内閣 第1次小泉内閣
第1次小泉第1次改造内閣
在任期間 2001年4月26日 - 2003年9月22日

内閣 宮澤内閣
在任期間 1991年11月5日 - 1992年12月12日

内閣 宇野内閣
在任期間 1989年6月3日 - 1989年8月10日

日本の旗 第110代 文部大臣
内閣 第3次中曽根内閣
在任期間 1986年9月9日 - 1987年11月6日

日本の旗 第52代 運輸大臣
内閣 鈴木善幸内閣
在任期間 1980年7月17日 - 1981年11月30日

その他の職歴
日本の旗 衆議院議員
1967年1月30日 - 1996年9月27日
2000年6月26日 - 2003年10月10日
テンプレートを表示

塩川 正十郎(しおかわ まさじゅうろう、1921年大正10年〉10月13日 - 2015年平成27年〉9月19日[2])は、日本政治家衆議院議員を11期務める。 自由民主党所属。

自民党総務会長第1次橋本内閣)、運輸大臣第52代)、文部大臣第108代)、内閣官房長官第50代)、自治大臣第42代)、国家公安委員会委員長(第52代)、財務大臣第2代)などを歴任。

自民党政治資金団体たる財団法人国民政治協会会長および党友組織自由国民会議代表。

東洋大学総長、財団法人関西棋院前理事長、特定非営利活動法人武士道協会理事長。

ベストヒット歌謡祭』(旧『全日本有線放送大賞』)実行委員会名誉会長。

愛称は「塩爺」(しおじい)。

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

大阪府中河内郡布施村(現在の東大阪市)で生まれる。父は旧布施市市長塩川正三で、大阪府立八尾中学校(現大阪府立八尾高等学校)出身。郷里の高等学校にでも進学するつもりだったところ、父から「田舎の学校へ行ったってしょうがない。都会の、それも慶應へ行け。慶應へ行くんだったら、経済じゃないか。それ以外は、あかんぞ」と言われ慶應義塾大学経済学部経済学科へ入学[3]。在学中、学徒出陣により出征する。大学では高橋誠一郎の講義を熱心に聴講し、登山にも熱中した。終戦後、会社を設立し経営者となる。その後、青年会議所や信用組合の幹部、市役所の助役を経て1967年第31回衆議院議員総選挙旧大阪4区から立候補し当選、衆議院議員となる(当選同期に山下元利増岡博之河野洋平中尾栄一藤波孝生武藤嘉文坂本三十次塩谷一夫山口敏夫水野清など。)。当選後は福田赳夫派に入会し、福田赳夫内閣の発足時には内閣官房副長官に抜擢された。

政界[編集]

党内では森喜朗三塚博加藤六月らと共に安倍派四天王と称され、安倍晋太郎の総裁就任が悲願だった。税制など経済政策に精通しており、地価税を導入した時の党税調会長として知られる。塩川も鈴木善幸内閣運輸大臣として入閣したのを皮切りに文部大臣第3次中曽根内閣)、内閣官房長官宇野内閣)、自治大臣国家公安委員会委員長宮澤内閣)を務めた。選挙では中選挙区時代に10回連続当選したが、小選挙区比例代表並立制導入後初めての選挙である第41回衆議院議員総選挙では重複立候補を辞退し、大阪13区から立候補した。しかし、新進党の新人である西野陽に破れ、現職の党総務会長ながら落選の憂き目を見る。2000年第42回衆議院議員総選挙で当選し、国政に復帰した。

小泉政権[編集]

2001年自由民主党総裁選挙森派の後輩・小泉純一郎の選対本部長を務める。塩川も同選挙に立候補していた亀井静香に「もともと亀井君も同じ清和会にいたんだから、この際、小泉にしてやってくれんかね」と頼み、そこで亀井は議員投票の前に小泉と9項目の政策協定を結んで辞退した(しかし9項目の1つに人事は両派で相談して決めるというのがいきなり反故された)[4]。塩川はその後、成立した第1次小泉内閣財務大臣に就任した。財務大臣に80歳になろうとする人物が就いたことは、サプライズ人事の一つとされた[5]。金融実務や党税調会長の経験を生かし、小泉構造改革の旗振り役を務めた。第1次小泉第1次改造内閣でも留任、第1次小泉第2次改造内閣発足時に退任すると第43回衆議院議員総選挙にも立候補せず、政界から引退する。

「塩爺」で第18回新語・流行語大賞のトップテン入りとなる[6]

小泉首相とは「30年来の朋友」(2001年の小泉内閣メールマガジン)という間柄で[7]青木幹雄と組んで党内融和を説く森元首相とは一線を画し、小泉首相の後見人として影響力を行使した。

政界引退後[編集]

日本相撲協会運営審議会委員、東洋大学総長、財団法人尾崎行雄記念財団顧問、財団法人国民政治協会会長、自由国民会議代表、時代を刷新する会会長(三代目)、ベストヒット歌謡祭実行委員会名誉会長を務めた。また『産経新聞』にて毎月第3木曜日にコラム「塩爺のよく聞いてください」(2008年4月 - 2013年2月)を連載していた。

2004年には東洋大学において国際交流ならびに外国人留学生の育成を対象とした奨学金『塩川正十郎奨学金』を創設した[8]

2015年9月19日午前10時15分、肺炎のため大阪市内の病院で死去した[9][1]。93歳没。塩川の葬儀では小泉元首相が弔辞を読み上げた。日本国政府は、塩川に正三位追叙と銀杯一組の追贈を閣議決定した[10]

略歴[編集]

発言・エピソード[編集]

特別会計
「母屋でおかゆをすすっているときに、離れですき焼きを食べている」(一般会計が赤字を削っているのに特別会計で浪費していることを揶揄した表現)
国民年金
「国民年金だけで議員は生活できると思うか?」と質問された際に「ほんなん、できるかいな。ぼくら(議員)はあんたら(国民)と生活のレベルが違うやないか!(毎月)100万かかるよ。みんな、人間平等だと思っていたらとんでもない間違いだ」と発言している[17]
バンキシャ
塩川は日本テレビ系列の番組 真相報道 バンキシャ!のコメンテーター「不定期ご意見バン!」として出演していたが、2005年に発生した奈良騒音傷害事件(所謂『騒音おばさん事件』)の被告について、生放送中の番組内にて「こりゃねぇ、やっぱり狂うてますよこの人は。顔見てご覧なさい、目は吊り上がってるしね、顔はぼーっと浮いてるでしょ。これ、きちがいの顔ですわ」と放送禁止用語を発し、福澤朗に止められ、番組を降板させられた[18]
報償費問題
2001年1月、テレビ朝日「サンデープロジェクト」で、報償費の使われ方について「国会議員の外遊の際に餞別として渡された」「一部の野党を買収するための国会対策費にも使われていた」「マスコミ懐柔の為に一部有名言論人に配られていた」と暴露(宇野内閣で官房長官だった)。しかし財務大臣就任後、国会でこの発言を質されると「忘れた」ととぼけた。

毎年11月日本テレビ系列で放送される『ベストヒット歌謡祭』では大会実行委員会名誉会長を務めていた。

顕彰[編集]

群馬県邑楽郡板倉町にある東洋大学板倉キャンパス内に塩川正十郎の銅像が、東京都文京区にある東洋大学白山キャンパス内に胸像がある。これは、塩川が本大学の理事長を務めたことによるもの。なお、塩川は他界するまで東洋大学総長を務めた。

家族[編集]

父は旧布施市市長の塩川正三。大阪大学名誉教授(応用化学)の塩川二朗は弟。長男の塩川耕士近鉄バス社長[19]。孫の塩川憲史大阪府議会議員

塩川家は和歌山県粉河寺が所有する国宝粉河寺縁起絵巻に登場する長者の末裔とされており[20]、粉河寺の山門には正三の名義で寄進が行われたことを示す石碑がある。

甥の一人は大学で一気飲みを強要された後、急性アルコール中毒で急死した。朝日新聞への投書でこの風潮に問題提起している[21]

所属していた団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 塩川元財務相が死去 Archived 2015年9月19日, at Archive.is 時事通信 2015年9月19日
  2. ^ 塩川正十郎氏が死去 小泉内閣で財務相、「塩爺」の愛称”. 日本経済新聞 (2015年9月19日). 2020年8月25日閲覧。
  3. ^ 塩川正十郎-卒業生インタビュー慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科
  4. ^ 週刊現代2019年3月2日号、連載亀井静香の政界交差点/第16回、江藤隆美-「下から目線」で筋を通した人格者、66頁
  5. ^ “塩川正十郎氏の略歴と印象に残る発言や、金にクリーンな一面の紹介。変幻自在の”塩爺節”で人々に強烈な印象を残す”. LH MAGAZINE. (2015年11月25日). http://life-hacking.net/塩爺の愛称で親しまれた塩川正十郎氏の略歴/ 2016年10月23日閲覧。 
  6. ^ 「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン新語・流行語大賞(第18回)
  7. ^ 前述のメールマガジンの中で、塩川にとって初の衆院選立候補の際、小泉首相の父・小泉純也が応援演説に駆けつけた話などが語られている。また、塩川は小泉首相のことを「自己主張が強く、人が考え付かない発想を口にする言動が多かった」と当時を振り返っている
  8. ^ 外国人留学生対象奨学金 東洋大学
  9. ^ “塩川正十郎・元財務相が死去 「塩爺」、衆院11期”. 朝日新聞デジタル. (2015年9月19日). https://www.asahi.com/articles/ASH9M53MFH9MUTFK00C.html 2020年2月5日閲覧。 
  10. ^ 故塩川正十郎氏に正三位 産経新聞 2015年10月16日閲覧
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 塩川正十郎略歴
  12. ^ “塩川正十郎氏が死去 93歳 小泉政権で財務相、「塩じい」の愛称”. スポーツニッポン. (2015年9月19日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2015/09/19/kiji/K20150919011164540.html 2015年9月29日閲覧。 
  13. ^ 「2000年秋の叙勲 勲三等以上と在外邦人、外国人、在日外国人の受章者一覧」『読売新聞』2000年11月3日朝刊
  14. ^ “関西棋院の発展に努める 塩川新理事長が就任会見”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年3月6日). http://www.47news.jp/CN/200403/CN2004030601003948.html 2012年9月29日閲覧。 
  15. ^ “塩川前財務相が名誉市民に 東大阪市、司馬さんに次ぎ”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年5月24日). http://www.47news.jp/CN/200405/CN2004052401000868.html 2012年9月29日閲覧。 
  16. ^ “塩川、堺屋両氏が新委員 相撲協会の運営審議会”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年6月17日). http://www.47news.jp/CN/200406/CN2004061701002410.html 2012年9月29日閲覧。 
  17. ^ 中京テレビ:プラス1フォーカス 許せない消える年金(2004年5月4日時点のアーカイブ
  18. ^ 『真相報道 バンキシャ!』ウェブサイト内コーナー「ボンキシャ!?」”. 日本テレビ (2005年4月17日). 2010年1月8日閲覧。
  19. ^ 「塩爺」塩川正十郎さんお別れ会に政財界などから1000人 スポーツ報知 2015年11月26日閲覧
  20. ^ http://www.kokawadera.org/culture.html 粉河寺公式サイト 粉河寺・文化財
  21. ^ 「酒の無理強い、死を招く怖さ」、『朝日新聞』1991年11月23日朝刊17面「声」欄への投稿(「朝日けんさくくん」2012年7月27日閲覧)。なお、投稿には「知人の息子が苦労して入学した有名大学のコンパで、しょうちゅうの一気飲みをして死亡」とある。

関連項目[編集]

議会
先代:
橋口隆
日本の旗 衆議院商工委員長
1979年 - 1980年
次代:
野中英二
公職
先代:
宮澤喜一
日本の旗 財務大臣
第2代:2001年 - 2003年
次代:
谷垣禎一
先代:
吹田愰
日本の旗 自治大臣
第42代:1991年 - 1992年
次代:
村田敬次郎
先代:
吹田愰
日本の旗 国家公安委員会委員長
第52代:1991年 - 1992年
次代:
村田敬次郎
先代:
小渕恵三
日本の旗 内閣官房長官
第50代:1989年
次代:
山下徳夫
先代:
藤尾正行
日本の旗 文部大臣
第109代:1986年 - 1987年
次代:
中島源太郎
先代:
地崎宇三郎
日本の旗 運輸大臣
第52代:1980年 - 1981年
次代:
小坂徳三郎
先代:
鯨岡兵輔
日本の旗 内閣官房副長官 (政務担当)
1976年 - 1977年
次代:
森喜朗
党職
先代:
武藤嘉文
自由民主党総務会
第37代:1995年 - 1996年
次代:
森喜朗
先代:
西岡武夫
自由民主党税制調査会
1990年 - 1991年
次代:
武藤嘉文
学職
先代:
田中栄次
東洋大学理事長
第23-27代:1988年 - 2000年
次代:
菅野卓雄
その他の役職
先代:
山口信夫
日本の旗 国民政治協会会長
第10代:2009年 - 2015年
次代:
大橋光夫
先代:
細田吉蔵
日本の旗 自由国民会議代表
第3代:2007年 - 2015年
次代:
臼井日出男