十住心論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
秘蔵宝鑰から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

十住心論』(じゅうじゅうしんろん)、正確には『秘密曼陀羅十住心論』は、空海の代表的著述のひとつで、830年ころ、淳和天皇の勅にこたえて真言密教の体系を述べた書(天長六本宗書の一)。10巻。

人間の心を10段階に分け、それぞれに当時の代表的な思想を配置することによって体系を築いている。真言密教こそが人間の心の到達できる最高の境地であるとしている。

  1. 異生羝羊心 - 煩悩にまみれた心
  2. 愚童持斎心 - 道徳の目覚め・儒教的境地
  3. 嬰童無畏心 - 超俗志向・インド哲学老荘思想の境地
  4. 唯蘊無我心 - 小乗仏教のうち声聞の境地
  5. 抜業因種心 - 小乗仏教のうち縁覚の境地
  6. 他縁大乗心 - 大乗仏教のうち唯識法相宗の境地
  7. 覚心不生心 - 大乗仏教のうち中観三論宗の境地
  8. 一道無為心(如実知自心・空性無境心) - 大乗仏教のうち天台宗の境地
  9. 極無自性心 - 大乗仏教のうち華厳宗の境地
  10. 秘密荘厳心 - 真言密教の境地

『十住心論』の内容を簡略に示したものが、『秘蔵宝鑰』である。

要約[編集]

「六道」のことばが前文にある。

第一。

大日世尊と秘密主が話している。

正法千年、像法一千五百年、末法一万年なりと。(注、空海は同年の「秘蔵宝輪」で「正法五百年、像法千年、末法一万年」と書き、日本の末法思想は「秘蔵宝輪」の年月にもとづき起こる。)

八大地獄。一に等活、二に黒縄、三に衆号、四に号叫、五に大叫、六に炎熱、七に極熱、八に無間地獄。

五趣。餓鬼趣、畜生趣、龍趣、阿修羅趣、人間趣。

第二。

儒教についてのまちがった解説。

転輪聖王について。

第三。

断見と空見。

色界頂とは、最勝にして楽慧である。

欲界、色界、無色界。

第四。

ここからが仏道の初門である。

四聖諦とは、苦諦、集諦、滅諦、道諦である。(注、普通にいわれる法華経の四諦と異なる。普通、四諦といったら法華経の四諦であり、勝義諦である。)

三昧とは、空、無相、無願のことである。

第五。

特になし。

第六。

すべての物質は空虚である。(注、仮想現実の概念は、日本では九世紀の空海の「秘密曼荼羅十住心論」からある。)

第七。

特になし。

第八。

一心三観とは、仮観(物質が存在するという認識)、空観(すべてが空虚であるという認識)、中観(仮観と空観を同時に認識する認識)である。

仏僧は性行為してもよいということを知ること。男も女も交尾をして初めて第八の覚識を得る。(注、最澄の開いた天台宗でも当然、性行為をしている。)

第九。

性行為をしただけでは悟りではない。

無限の過去から作られたものは誤っていて、実体であるものはない。

無上平等覚。すべての存在が平等である。(注、平等の概念は830年の空海の時代からすでに日本には知られている。)

第十。

特になし。

これをもって、空海の「秘密曼荼羅十住心論」の要約とする。

主な刊行文献[編集]

  • 『定本弘法大師全集 第2巻』 同著作研究会編、高野山密教文化研究所、1993年
  • 『弘法大師空海全集 第1巻』 同編輯会(福田亮成ほか校訂・訳)、筑摩書房、1983年、復刊2001年
    • 改訂版『秘密曼荼羅十住心論 空海コレクション3・4』 筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2013年
  • 『原典日本仏教の思想3 空海』 川崎庸之校注、岩波書店、1991年
  • 『大乗仏典 中国・日本篇18 空海 秘密曼荼羅十住心論』 津田真一訳注、中央公論社、1993年。現代語訳のみ

参考文献[編集]