百論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

百論』(ひゃくろん、: Śata śāstra, シャタ・シャーストラ)とは、提婆によって書かれたとされる仏教書である。『中論』『十二門論』と並び、三論宗所依の一つ。

龍樹の『中論』を受ける形で、他派の論を百種のを以て斥ける構成。

参考文献[編集]

関連項目[編集]