幻化網タントラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

幻化網タントラ』(げんけもう-、Māyājāla Tantra, マーヤージャーラ・タントラ)とは、仏教の後期密教聖典の一つ。経典の諸本に説かれる「説会(せつえ)の曼荼羅」をはじめ、色々な曼荼羅[1]タンカ類があるが、共に男尊が四面四臂、女尊が一面四臂のヤブユム相の『大幻化金剛』(Maha Maya:マハー・マーヤー)[2]を本尊(yidam:イダム)[3]として祀る点にも特色がある。[4][5][6][7][8]

新訳と旧訳[編集]

チベットにおけるこのタントラのテキストには新訳と旧訳の二本があり[9][10][11]、チベット大蔵経には新訳の『幻化網タントラ』が収められている。チベット密教において、インド伝来の三宗派のうちサキャ派カギュ派が新訳の『幻化網タントラ』を主要な五タントラの一つに数え、ニンマ派では旧訳の『大幻化網タントラ』を主要な五タントラの一つに数え、所依の経典[12]としている。他方、チベットで創始された宗派であるゲルク派では『幻化網タントラ』の代わりに『ヴァジュラ・バイラヴァ』(大威徳金剛)[13]のタントラのテキストを主要な五タントラに入れる。

なお、チベット密教において新訳と旧訳を伝承する先の三宗派が、共にインドの大成就者英語版ククラージャ英語版(チベット名;ククリパ)[14]に始まるとしている。それゆえ、ニンマ派では新訳や先行経典等を含めて、『サンワ・ニンポ』(大幻化網タントラ)を主本とする『ギュントゥル・タワ』(幻化網)経典群[15]とする。また、新訳の『幻化網タントラ』は金剛薩埵ヤブユムを主尊とし「父タントラ」に分類され、旧訳の『大幻化網タントラ』は三面六臂の大日如来を主尊とし、経中に如来の五智以前の『根本智』を説き、それを『黒憤怒空行母』(トゥマ・ナクモ)とするところから「母タントラ」[16]に分類される。

新訳[編集]

幻化網タントラ』は無上瑜伽タントラに属し、父タントラに分類される。後期密教に特有の十忿怒尊を描く最古層のタントラであり、「瑜伽タントラ」である『真実摂経』(初会金剛頂経)から、「無上瑜伽タントラ」の嚆矢である『秘密集会タントラ』への、すなわち「中期密教」から「後期密教」へと至る過程の、中間的・過渡的・橋渡し的なタントラとみなされている[17][18]

ただし、このタントラを「瑜伽タントラ」とするのか「無上瑜伽タントラ」とするのか、また成立時期を『秘密集会タントラ』の前とするのか後とするのか、その位置付けを巡って異論・論争もある[19][20]

原典となる資料には、チベット訳と漢訳のテキストのみが存在し、サンスクリットの原本はまだ発見されていない。チベット訳としては、チベット大蔵経リンチェン・サンポ英語版訳『幻化網なるタントラ王』(東北:№466)が収録されている[21]。漢訳には代の法賢による『仏説瑜伽大教王経』(大正蔵:№890)[17][22]、ないしは『仏説幻化網大瑜伽教十忿怒明王観想儀軌経』(大正蔵:№891)[18]がある。

旧訳[編集]

チベット仏教ニンマ派では、マハーヨーガの「タントラ部」として幻化網の『十八部大タントラ』(tantra chen po bcu brgyad)というタントラ経典群が伝承されている[23]。この十八大部の中心となるのが『大幻化網タントラ』の名で挙げられている『グヒヤガルバ・タントラ英語版』(Guhyagarbha Tantra、秘密蔵タントラ)、通称『サンワ・ニンポ』で、ヴィマラミトラ英語版マ・リンチェン・チョク英語版の翻訳と伝えられる。また、チベット大蔵経にも古タントラとして『金剛薩埵幻化網一切秘密鏡と名づけるタントラ』(東北833)等が収められている[21]

グヒヤガルバはニンマ派のタントラの分類でいうとマハーヨーガに属するが、アティヨーガ(ゾクチェン)にも関連している。一部のチベット学者は、幻網タントラ群の本尊瑜伽や究竟次第系の瞑想技法がゾクチェンの初期の源泉のひとつであった可能性について検討している[24]

十八部大タントラ[編集]

ニンマ派の伝統の呼び名は『十万品幻化網タントラ』(sGyu phrul drwa ba leu stong phrag brgya pai rgyud)。

  • 「身」のタントラとして三つの経典。
    1. 『仏相応タントラ』(Sangs rgyas mnyam sbyor)
    2. 『大象渡渉タントラ』(Glang po che rab bog)
    3. 『大象昏迷タントラ』(Glang po che chur zhugs)
  • 「口」のタントラとして三つの経典。
    1. 『月密明点タントラ』(Zla gsang thig le)
    2. 『従一放射タントラ』(gCig las phros pa)
    3. 『従多放射タントラ』(Du ma las phros pa)
  • 「意」のタントラとして三つの経典。
    1. 秘密会集タントラ』(gSang ba dus pa)
    2. 『山王連綿タントラ』(Ri bo brtsegs pa)
    3. 『聚於一頂タントラ』(rTse gcig dus pa)
  • 「功徳」のタントラとして三つの経典。
    1. 『最勝吉祥タントラ』(dPal mchog dang po)
    2. 『最勝甘露タントラ』(bDud rtsi mchog dang po)
    3. 『如意宝タントラ』(Yid bzhin nor bui rgyud)
  • 「羯磨」のタントラとして三つの経典。
    1. 『羯磨勒タントラ』(sKar ma ma le)
    2. 『燃燈タントラ』(sGron me bar ba)
    3. 『プルパ金剛十二字タントラ』(Ki la ya yin bru bcu gnyis kyi rgyud)
  • 「総集」のタントラとして三つの経典。
    1. 大幻化網タントラ』(sGyu phrul drwa bai rgyud)
    2. 『三昧耶十万部荘厳タントラ』(Dam tshig sama ya bum sde bkod pai rgyud)
    3. 『金剛方便羂索タントラ』(rDo rje thabs kyi zhags pai rgyud)

幻変八部[編集]

旧訳経典の幻化部にも『大幻化網タントラ』に関係する八部からなる経典が含まれており、これらはニンマ派では『幻変八部』(sgyu phru sde brgyad)と呼ばれている。

  1. 幻化根本タントラ秘密藏タントラ』(sGyu phrul rtsa bai rgyud gsang bai snying po)
  2. 『天女幻化タントラ』(lHa mo sgyu phrul)
  3. 『八幻化タントラ』(sGyu phrul brgyad pa)
  4. 『四十幻化タントラ』(sGyu phrul bzhi bcu pa)
  5. 『上師幻化タントラ』(sGyu phrul bla ma)
  6. 『八十幻化タントラ』(sGyu phrul brgyad bcu pa)
  7. 『文殊幻化タントラ』(Jum dpal sgyu phrul drwa ba chen mo)
  8. 『支分幻化タントラ』(sGyu phrul le lag)

グヒヤガルバ・タントラ[編集]

グヒヤガルバ・タントラ』(サンワィ・ニンポ gSang ba'i snying po)はニンマ派のマハーヨーガ英語版で最も重んじられるタントラであり、幻化網(ギュントゥルタワ sGyu 'phrul drwa ba)タントラ群の中心に位置づけられる。現代の翻訳としては、談錫永の監修による中国語訳『幻化網秘密藏續』や、ニンマ派のミパム・リンポチェ1世(1846-1912)による旧訳への注釈本『大幻化網タントラ釈』の中国語訳『幻化網秘密藏續釋』などがある。

また、このタントラに関する外国人への伝授も多数行なわれていて、1959年4月〜7月にかけて行われた、当時、チベット本土からインドへ亡命していたニンマ派の総帥ドゥジョム・リンポチェ2世(1904-1987)による旧訳『大幻化網タントラ』の大灌頂と伝授(全伝)は有名である。この内容は、弟子の劉鋭之(リュウ・ロェチ)によって記録され、1962年に『大幻化網導引法』として出版された。同時期にイギリスでも弟子の John Driver による英訳が出版されたが、こちらは抄訳である。日本人では、1990年-2010年代のインド台湾において、ニンマ派のペノル・リンポチェ(1932-2009)[25]より旧訳『大幻化網タントラ』の大灌頂と、大法の伝授を授かったのが数名、サキャ派のロティン・リンポチェより新訳『幻化網タントラ』の大灌頂と、大法の伝授を授かったのが同じく数名いる。

11世紀以来の新訳派(カダム派、サキャ派、カギュ派)では、このタントラの原典に当たるものがインドに見られないとして、偽経である疑いが呈されてきた。ただし、チベット仏教と敦煌文献の研究者であるサム・ヴァン・シャイクによれば、サキャ派の伝えるシャーキャシュリーバドラ[26]の伝記に、当時サムイェー寺にグヒヤガルバのサンスクリット写本があったという証言が記録されている。また、新訳派以前の10世紀頃の敦煌出土写本の中から、このタントラに関連するものが見つかっている。ペリオ蔵849はチベット語とサンスクリット語でタントラの題名を列挙しているが、その中にギュー・サンワ・ニンポ / グイヤカルバ[27]・タントラの名が見える。スタイン蔵540と同332には、グヒヤガルバ・タントラの抜書きと見られる部分や、『シトー』と呼ばれる「寂静・憤怒百尊」に関する儀軌がある[28]。この儀軌は、ニンマ派の伝統的な解釈ではグヒヤガルバ・タントラの第六章の要約であるとしており、この説に基づくとするカルマ・リンパのテルマである独立したテキストは『チベット死者の書』として日本でも知られている。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『藏伝佛教壇城度量彩絵図集』を参照のこと。この本には、『大幻化網タントラ』の種々の曼荼羅を中心に、ニンマ派の主要な尊格の曼荼羅について、その作画法から立体曼荼羅についても詳細なカラー図版と共に紹介している。
  2. ^ 『大幻化金剛』は、チベット密教では男尊が四面四臂、女尊が一面四臂のヤブユム相の立像が一般的ではある。なお、チベットの『三百図像』には、この坐像も収められている。また、この尊格は日本の『理趣経』に「五秘密尊」として説かれ、『胎蔵界曼荼羅』においては「金剛王菩薩」として描かれている尊格と同じものを指すと見られる。
  3. ^ ここでいう「本尊」は、チベット語でイダム(yidam)といい、「秘密本尊」や「守護尊」とも訳される。主に憤怒相のヤブユムで描かれ、チベット密教における主要な五タントラを代表する尊格を五大金剛とも言うが、尊様や図像的には日本密教の明王部に相当する。ただし、チベット密教の伝承する無上瑜伽タントラではそれよりも格が上で、本初仏(アディ・ブッダ)や如来と等しい存在とされ、「ヘールカ」とも呼ばれている。
  4. ^ 『チベット密教の神秘 快楽の空・智慧の海』(学習研究社)、「母タントラ」写真図版、pp.85-88。
  5. ^ 『チベットの仏たち』(方丈堂出版)、第二十七話「マハーマーヤーとブッダカパーラ」、pp.144-147。
  6. ^ 『「幻化網タントラ」に見られる五秘密思想』(密教文化)、pp.34-53。
  7. ^ 『五秘密尊と五秘密曼荼羅』(印度學佛教學研究)、pp.423-428。
  8. ^ 『マンダラ蓮華』(平河出版社)、第一巻「Ⅲ-34 マハーマーヤー」 p204、第二巻「Ⅲ-34 マハーマーヤー」 p109、pp.187-188。
  9. ^ 本項では漢訳や中国訳の諸本を参考とし、新訳を『幻化網タントラ』、完成された大品である旧訳を『大幻化網タントラ』と日本語で表記する。現時点で両者を比較した場合、このテキストを『金剛頂経初会』系のタントラから『秘密集会タントラ』系への発展段階の一つとする松長有慶によると、新訳のテキストが旧訳のテキストよりも早期に成立したとしている。また、田中公明は『理趣経』の発展史上からとらえて曼荼羅の解明を行い、新訳のテキストを旧訳のテキストの先行経典である『金剛サッタのタントラ』のテキストであるとしている。
  10. ^ 『幻化網タントラの性格』(印度学仏教学研究)、p550。
  11. ^ 『密教経典成立史論』(法蔵館)、pp.240-261。
  12. ^ 依経(えきょう)ともいい、文字通りに、その宗派の教えの拠り所となる経典のこと。
  13. ^ 日本の密教では「大威徳明王」と呼ばれている。
  14. ^ 『八十四人の密教行者』(春秋社)、pp.151-154。
  15. ^ ニンマ派のマハーヨーガに属する十八部大タントラの『十万品幻化網タントラ』(十萬品幻化網續)と、旧訳経典の幻化部に属する八部の経典『幻変八部』、四部の釈タントラに属する『幻化四部』等がある。
  16. ^ 『チベット密教の神秘 快楽の空・知慧の海』(学習研究社)、「母タントラ」、pp82-87。
  17. ^ a b 『講座 仏教の受容と変容 チベット・ネパール編』 立川武蔵森雅秀 佼成出版社 p300
  18. ^ a b 『不動信仰事典』 宮坂宥勝 戎光祥出版 p212
  19. ^ 『金剛場荘厳タントラ』 の成立とインド密教史上における位置 田中公明 pp215-216
  20. ^ 『「アームナーヤ・マンジャリー」に見るサンヴァラ曼荼羅の解釈法』、P62。
  21. ^ a b 松長有慶 「『幻化網タントラ』 怒りの仏が迷いの幻網を打ち破る」 『インド後期密教(上)』 春秋社、2005年、p89
  22. ^ 雲南の密教と『幻化網タントラ』 川﨑一洋 p43
  23. ^ 田中公明 『図説 チベット密教』 春秋社、2012年、pp145-146
  24. ^ Sam van Schaik, "The Early Days of the Great Perfection", Journal of the International Association of Buddhist Studies Vol. 27 No. 1, 2004.
  25. ^ ペノル・リンポチェは、インドパユル寺の貫主であり、同流派の法王(宗主)でもあった。1991年から2003年にかけて、亡命チベット人によるチベット仏教ニンマ派における総帥の職を務めた。
  26. ^ サキャ・パンディタの師に当たる北インドの僧、12-13世紀。
  27. ^ ママ):校正記号、ここは原文表記のまま「グイヤカルバ」とするが、原典は「グヒヤガルバ」のことを指していると思われる。
  28. ^ Sam van Schaik, In search of the Guhyagarbha tantra

参考文献[編集]

  • 談錫永 主編 『幻化網秘密藏續』、沈衛榮 翻訳、全佛文化事業有限公司(台湾)、2010年刊。
  • 不敗尊者 造 『幻化網秘密藏續釋』《光明藏》、談錫永 主編、沈衛榮 訳、全佛文化事業有限公司(台湾)、2010年刊。
  • 敦珠金剛上師 伝授 『大幻化網導引法』、劉鋭之 編訳、金剛乗學會 発行、1962年刊。
  • 松長有慶 『幻化網タントラの性格』、印度学仏教学研究(通号16)、1960年刊。
  • 松長有慶 『三部と五部』、「密教大系」第3巻、法蔵館、1994年刊。
  • 松長有慶 『密教経典成立史論』、法蔵館、昭和55年(1980年)刊。
  • 中条裕康 『幻化網タントラにおける曼荼羅』、豊山教学大会紀要(通号16)、1988年刊。
  • 木村秀明 『幻化網タントラの曼荼羅』、印度学仏教学研究(通号74)、1989年刊。
  • 木村秀明 『幻化網タントラにおける灌頂』、印度学仏教学研究(通号78)、1991年刊。
  • 木村秀明 『「幻化網タントラ」の諸尊』、「密教大系」第10巻、法蔵館、1994年刊。
  • 川崎一洋 『「幻化網タントラ」の構造』、密教文化(通号198)、1997年刊。
  • 川崎一洋 『「幻化網タントラ」に見られる五秘密思想』、密教文化(通号211)、2003年刊。
  • 川崎一洋 『大理国時代の密教における八大明王の信仰』、密教図像(第26号)、密教図像学会、2007年刊。
  • 川崎一洋 『大理国時代の密教文献「諸仏菩薩金剛等啓請次第」に収録される「般若心経法」』、印度学仏教学研究(通号116)、2008年刊。
  • 川崎一洋 『雲南の密教と「幻化網タントラ」』、印度学仏教学研究(通号119)、2009年刊。
  • 川崎一洋 『五秘密尊と五秘密曼荼羅』、印度學佛教學研究第59巻第1号、平成22年刊。
  • 田中公明 『「金剛場荘厳タントラ」の成立とインド密教史上における位置』、東洋文化研究史所紀要(通号152)、2007年。
  • 田中公明 『「アームナーヤ・マンジャリー」に見るサンヴァラ曼荼羅の解釈法』、インド哲学研究16、2009年刊。
  • 田中公明 『チベットの仏たち』、方丈堂出版 発行、オクターブ 発売、2009年刊。
  • 下泉全暁 『中国大足石刻の十忿怒明王像について』、密教学研究(第22号)、1990年刊。
  • 見田隆鑑 『法門寺地宮出土の真身宝函に表される八大明王について』、名古屋大学博物館報告第21号、2005年刊。
  • 静慈圓 編 『弘法大師空海と唐代密教』、法藏館、2005年刊。
  • 森雅秀 『オリッサ州ラダック地区の密教美術』、国立民族博物館研究報告23巻2号、1998年刊。
  • 立川武蔵正木晃 『チベット密教の神秘 快楽の空・智慧の海』、学習研究社、1997年刊。
  • 川崎信定 翻訳 『原典訳 チベットの死者の書』、筑摩書房、1989年刊。
  • 『藏伝佛教壇城度量彩絵図集』、旦増龍多尼瑪 土多朗嘉 伍金仁真 主編、西藏人民出版社、2012年。
  • 呉立民・韓金科 著 『法門寺地宮唐密曼荼羅之研究』、中國佛教文化研究所・法門寺博物館・佛教蓮浄苑文化部 編纂、中國佛教文化出版、1998年刊。
  • 杉木恒彦 訳 『八十四人の密教行者』、宮下宥明/P.リンジン画、春秋社、2000年刊。
  • 加藤敬 写真、小林暢善 + ツプテン・パルダン 解説、杉浦康平 構成・造本 『マンダラ蓮華 - アルチ寺の仏教宇宙 - 』、平河出版社、昭和60年(1985年)刊。

関連項目[編集]