タントラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヒンドゥー教のシュリー・ヤントラの図像
アティーシャ

タントラतन्त्र Tantra)とは、織物を意味するサンスクリット[1]インドに 800年前後(ある種のタントラは7世紀にはすでに作られていた)から伝わるヒンドゥー教シャクティ派聖典経典)でシバ神妃の性力 (śakti)を崇拝する。64種あるいは 192種あるとされる[2]。さらには実践行法に関する規則、神を祀る次第や具体的方法も含む[3]。タントラの考えはヒンドゥー教ボン教仏教ジャイナ教に共通して存在する。タントラはさまざまな形で南アジアチベットモンゴル中国韓国日本カンボジアミャンマーインドネシアに伝わった[4]

インド密教[編集]

8世紀ブッダグヒヤは『大日経』の解説書である『大日経広釈』の中で、タントラを所作、ヨーガの3種に分類している。また、10世紀に成立したと考えられる『智金剛集タントラ』においては大ヨーガ、所作儀軌の5つに分類している[5]

また、11世紀には後にチベットに訪れたアティーシャが所作、行、儀軌、両、ヨーガ、大ヨーガ、無上ヨーガ(無上瑜伽タントラ)の7種に分類している。この分類はインドの経典においては最も一般的なものであるが、他にもさまざまな分類が乱立しており、学者の間で統一された分類というものはない[5]

チベット密教[編集]

チベット密教では、タントラを所作(bya bakriyā)、行(spyod pacaryā)、ヨーガ(rnal 'byoryoga)、無上ヨーガ(rnal 'byor bla medanuttarayoga)の4種に分けている。これは歴史の中で少しずつ作られていったもので、なぜこの4種なのか、という点に関しては宗派により説明が異なる[5]

12世紀サキャ派の学者ソナムツェモは、タントラを4つに分類した理由の解説を試みている。ソナムツェモは、インド宗教への信仰、顕教の教え、人の執着を満足させる方法のそれぞれが4種に分類可能であり、タントラ4種はそれぞれに対応するためにあるのだと説く[5]

13世紀、チベットの大学者プトゥンは、4種タントラが、断じるべき執着、インドの社会カースト、断じるべき煩悩修行者の能力、一時的な薫習、時代を考慮して分類されていると述べている[5]

14世紀ゲルク派の祖であるツォンカパは、『真言道次第大論』の中で顕教と密教を比較解説し、ソナムツェモの解説に対する批判を試みている。ツォンカパは『サンプタ・タントラ』に「笑う、見る、手と手を繋ぐ、抱く」の4種の煩悩があるとされていることを根拠に、これらの煩悩を菩提への道として転用するためにタントラが存在するのだと説く[5]

注釈・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Norbu, p. 49
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説 - タントラ
  3. ^ 『チベット密教の本』 p.168
  4. ^ White (2000), p. 7
  5. ^ a b c d e f 立川(1999) p.110

参考文献[編集]

関連項目[編集]