地蔵菩薩本願経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

地蔵菩薩本願経』(じぞうぼさつほんがんきょう、: Kṣitigarbha-bodhisattva-pūrva-praṇidhāna Sūtra, クシティガルバ・ボーディサットヴァ・プールヴァ・プラニダーナ・スートラ)とは、大乗仏教地蔵菩薩に関する代表的な経典

原題は、「クシティガルバ・ボーディサットヴァ」(Kṣitigarbha-bodhisattva)が「地蔵-菩薩」、「プールヴァ・プラニダーナ」(pūrva-praṇidhāna)が「本来の-願い・誓い」(本願)、「スートラ」(sūtra)が「経」、総じて「地蔵菩薩の本願についての経」の意。

概要[編集]

実叉難陀訳で、上下2巻で13章からなる。

  1. 忉利天宮神通品第一
  2. 分身集會品第二
  3. 觀衆生業緣品第三
  4. 閻浮衆生業感品第四
  5. 地獄名號品第五
  6. 如來讚歎品第六
  7. 利益存亡品第七
  8. 閻羅王衆讚歎品第八
  9. 稱佛名號品第九
  10. 校量布施功德緣品第十
  11. 地神護法品第十一
  12. 見聞利益品第十二
  13. 囑累人天品第十三

地蔵菩薩を信仰することによる、28種の利益・7種利益などが説かれる。

エディション[編集]

大正新脩大蔵経』では「大集部」(通算13巻)に収録されている。

鴻盟社より和訳経本が出ている。

注釈書[編集]

『地蔵本願経科註』6巻が、『卍続蔵経』21冊目に収蔵されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]