大毘盧遮那成仏神変加持経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大毘盧遮那成仏神変加持経』(だいびるしゃなじょうぶつじんべんかじきょう、: Mahāvairocana-abhisaṃbodhi-vikurvita-adhiṣṭhāna Sūtra/Tantra, マハーヴァイローチャナ・アビサンボーディ・ヴィクルヴィタ・アディシュターナ・スートラ/タントラ)、略して『大毘盧遮那経』(だいびるしゃなきょう、: Mahāvairocana Sūtra/Tantra, マハーヴァイローチャナ・スートラ/タントラ)、あるいは『大日経』(だいにちきょう)は、7-8世紀頃成立したと考えられている密教経典である。

概要[編集]

インドから唐にやってきた善無畏Śubhakarasiṃha、637-735)と唐の学僧たちによって724年に漢訳された。また、812年にはシーレーンドラボーディ(Śīlendrabodhi)とペーチェク(dPal brTsegs)によってチベット語に翻訳された。しかし、サンスクリット原本は未だ発見されていない。チベット訳からサンスクリットタイトルを還梵すると、Mahāvairocanābhisaṃbodhivikurvitādhiṣṭhānavaipulyasūtrendrarāja nāma dharmaparyāya(『大毘盧遮那成仏神変加持方等経帝釈天と名付くる法門』)となる。

内容[編集]

内容は、真言宗のいわゆる事相と教相に相当する2つの部分から成り立つが、前者である胎蔵曼荼羅(の原形)の作法や真言、密教の儀式を説く事相の部分が非常に多い。また、この部分の記述は具体的であるが、師匠からの直接の伝法がなければ、真実は理解できないとされている。

教相に相当するのは「入真言門住心品」だけといってよい。構成は、毘盧遮那如来金剛手(秘密派の主たるもの)の対話によって真言門を説き明かしていくという、初期大乗経典のスタイルを踏襲している。

要諦は、下記の、毘盧遮那仏が如来の一切智智[注釈 1]について説明する部分において、菩提心とは何かを説くところにある。

仏の言(のたま)わく、菩提心を因と為し、大悲を根本と為し、方便を究竟と為す
秘密主、云何(いかん)が菩提とならば、謂(いわ)く実の如く自心を知るなり
秘密主、是の阿耨多羅三藐三菩提は、乃至(ないし)、彼の法として少分も得可(うべ)きこと有ること無し。
何を以ての故に、虚空の相は是れ菩提なり、知解の者も無く、亦た開暁(のもの)[注釈 2]も無し。
何を以ての故に、菩提は無相なるが故に。
秘密主、諸法は無相なり、謂く虚空の相なり。[注釈 3]
佛言菩提心爲因。大[注釈 4]悲爲根本。方便爲究竟。
祕密主云何菩提。謂如實知自心。
祕密主是阿耨多羅三藐三菩提。乃至彼法。少分無有可得。
何以故。虚空相是菩提無知解者。亦無開曉。
何以故。菩提無相故。
祕密主諸法無相。謂虚空相。[1]入真言門住心品第一

初期大乗経典では、菩提心とは「菩提を求める心」であったのに対し、この経では「ありのままの自分の心を知るのを求める心」と、その意義が大きく変わってきている点が重要である。

日本語訳・注釈書[編集]

  • 權田雷斧譯 『國譯大毗盧遮那成佛神變加持經』(國譯大藏經 經部10巻 解題・原文は國民文庫刊行会、1917年。原文は弘教藏より収録、第一書房(復刻) 1974年) ISBN 4-8042-0251-X
  • 神林隆淨譯 『大毘盧遮那成佛神變加持經』(國譯一切經 印度撰述部 密教部1 大東出版社、1931年。改訂版(宮坂宥勝校訂)、1988年) ISBN 4500000127
  • 河口慧海譯 『蔵文和譯 大日経』(西蔵経典出版所、1934年)

注・出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『一切智』と同じ
  2. ^ さとる者
  3. ^ 訓読は権田雷斧 訳より引用。
  4. ^ 2017年4月時点でSATデータベースのテキストは「大」字が欠落しており、ミスプリと思量。

出典[編集]

  1. ^ SATデータベース T0848_.00.0001b29~1c05

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]