信空 (真言律宗)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

信空(しんくう、寛喜3年(1231年)- 正和5年1月26日1316年2月20日))は、鎌倉時代後期の真言律宗僧侶は慈道。

大和国の人。12歳の時、自宅に招かれた叡尊の講話を聴いてその門人となり、西大寺出家する。師の般若寺再興を助け、その住持の代行となる。後に師の大御輪寺再興に従って上首を務めた。正応3年(1290年)、死の床にあった師の叡尊の遺言によって西大寺の寺主を継承した。後宇多天皇談天門院五辻忠子具足戒を授けた他、徳治元年(1306年讃岐国鷲峰山において、梵網布薩を行うなど各地で布教を行う。また兄弟子である極楽寺忍性とともに各地の国分寺を再興して西大寺・極楽寺の末寺とした。

没後、後宇多天皇と談天門院の子である後醍醐天皇によって慈真和尚諡号が贈られた。