チベット死者の書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チベット死者の書(チベットししゃのしょ)は、チベット仏教ニンマ派の仏典。いわゆる埋蔵教法(gter chos)に属する。

パドマサンバヴァが著し弟子が山中に埋めて隠したものを後代にテルトン・カルマ・リンパが発掘した埋蔵教典(テルマ)『サプチュウ・シト・ゴンパ・ランドル』(zab chos zhi khro dgongs pa rang grol[注 1]、寂静・憤怒百尊を瞑想することによる自ずからの解脱)に含まれている「バルドゥ・トェ・ドル・チェンモ」(bar do thos grol chen mo[注 2]、中有において聴聞することによる解脱)という詞章を指す。ウォルター・エヴァンス=ヴェンツ英語版により”Tibetan Book of the Dead” というタイトルで英訳され世界的なベストセラーとなり[1]、日本でも一般的に『チベット死者の書』として知られている。『サプチュウ・シト・ゴンパ・ランドル』はニンマ派ではマハーヨーガと分類される無上ヨーガタントラの生起次第の修行法体系であるが、この「バルド・トェ・ドル・チェンモ」と呼ばれる部分は、臨終に際してラマによって「枕経」として読まれる実用的な経典でもある。

この他、中有のプロセスを解説したゲルク派の論書『クスムナムシャ』が『ゲルク派版死者の書』として翻訳・出版されている[注 3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ཟབ་ཆོས་ཞི་ཁྲོ་དགོངས་པ་རང་གྲོལ་
  2. ^ བར་དོ་ཐོས་གྲོལ་ཆེན་མོ་
  3. ^ 平岡宏一訳『ゲルク派版 チベット死者の書』解説 - 学研M文庫。18世紀のラマ僧ヤンチェン・ガロ無上瑜伽タントラの「死」「中有(バルド、バルドゥ)」「生」に関する内容を簡略にまとめた著作である。

出典[編集]

  1. ^ 川崎信定訳『原典訳 チベット死者の書』ちくま学芸文庫、pp.206-207

関連項目[編集]

外部リンク[編集]