パドマサンバヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パドマサンバヴァ(インド レワルサール湖)

パドマサンバヴァपद्मसंभव Padmasaṃbhava漢訳;蓮華生大師、padma 'byung gnas/pɛʔma tɕuŋnɛʔ/ペマ・チュンネー8世紀後半頃)はチベット密教をもたらした人物。チベットやブータンではグル・リンポチェgu ru rin po che)として知られる。チベット密教の開祖であり、ニンマ・パ(ニンマ派、漢訳;紅教)と呼称される宗派の創始者である。この「ニンマ・パ」とは、チベット語で「古い・宗派」を意味し「古派」とも訳される、これがチベット仏教における最初の宗派であることによる。

パドマサンバヴァ(サンスクリットで「蓮華に生じた者」の意)の名は、彼がウッディヤーナ(烏杖那国)―今日のパキスタンスワート渓谷に当たる―のダナコーシャ湖(ダナコシ)のの花の中から8歳の子供の姿で現れたという伝説に由来する。この不思議な子供は国王の養子に迎えられ、国政を委ねられたが、あるとき虚空に現れた金剛薩埵(ヴァジュラサットヴァ)の教えを受け、出家して僧侶となり、後に密教行者となった。 釈迦の弟子のアーナンダ、シュリー・シンハなど、多くの偉大な師の下で修行して、密教の大成就者として有名になると、彼の神通力を聞いたチベットのティソン・デツェン王によってチベットに招かれ、土着の宗教であるボン教等を調伏し、チベット仏教の基礎を築いた。

布教の際には、時にはなだめ、時には驚かせるために8つの姿=グル・ツェンギェー(gu ru mtshan brgyad;蓮華生大師八大変化、漢訳は『蓮華生大師除障道』)を見せたと伝えられる。

また、パドマサンバヴァはサムイェー寺の建設に携わり、771年の落慶後、ヴィマラ・ミトラ、シャーンタラクシタヴァイローツァナとともに、サンスクリット語からチベット語への仏教経典の翻訳事業を監督し、ティソン・デツェン王、イェシェ・ツォギャルを始めとする成就した25人の優れた弟子たちを育てた。

伝説によると、その後パドマサンバヴァは、高度なゾクチェンなどの教えを説いた多くの経典を弟子たちの心相続など様々な場所に「テルマ」(埋蔵経)として隠し、将来その教えを広めるのに最適な状況が整った時、彼らの化身が発掘するように封印して、チベットを去り羅刹国に向かったという。また、チベットでは今でもパドマサンバヴァが去った4月10日に大祭が行われている[1]

真言はオム・ア・フム・ヴァジュラ・グル・ペマ・シディ・フム

注釈、出典[編集]

  1. ^ 立川 p.33

参考文献[編集]

  • 立川武蔵・頼富本宏編『チベット密教』1999年、春秋社、ISBN 4-393-11212-1