平岡宏一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平岡 宏一(ひらおか こういち 、1961年 - )は、大阪府出身の教育者チベット密教研究者。学校法人清風学園専務理事。

学校法人清風学園専務理事であるとともに清風中学校・高等学校の校長で、平岡英信(学校法人清風学園理事長)の長男。大阪商業大学講師。清風高校普通科、推薦入学で早稲田大学第一文学部入学、同卒業。1985年,種智院大学の訪問団の一員として、インド南部カルナータカ州バンガロール郊外フンスールにあるギュメ密教大学を訪問。宏一よりギュメの窮状を知らされた英信は施主檀越僧伽を支えるパトロン)としてギュメの支援に乗り出す。1988年〜1989年にかけてギュメに留学、ロプサン・ガワン(1937-2009, ギュメ管長(位2000-2003))に師事[1]高野山大学大学院博士課程(密教学専攻)単位取得後退学。

チベット密教に関する著書、論文、寄稿多数。また、チベット語の語学力は、チベット僧の講演において通訳を担当したほどである(真言宗泉湧寺派大本山 浄土寺HP[2]を参照)。

平岡英信の著書「人を『育てる』ということ」によると、基本的には学園の経営は宏一に任されているがそれでも理事長である英信の発言権は大きいようだ(琉球新報ニュースの記事[3]を参照)。

著書[編集]

論文[編集]

  • 「定寂身についてのプトンツォンカパの見解」(1994年3月31日
  • 「幻身についてのプトン・ツォンカパの見解(1) 鏡の映像の譬えをめぐって」(1994年12月20日
  • 「幻身についてのプトン・ツォンカパの見解(2) ツォンカパ自身による浄・不浄の幻身の定義について」(1995年12月20日)
  • 「ツォンカパの定義した浄・不浄の幻身について」(1996年1月20日
  • 「幻身」(1999年8月1日)
  • 「チベットにおける秘密集会第四灌頂の意味について」(2001年3月20日

出典[編集]

  1. ^ 石濱裕美子『ダライ・ラマと転生--チベットの「生まれ変わり」の謎を解く』(扶桑社, 2016年9月, ISBN 978-4-594-07503-3), pp.94-211
  2. ^ 真言宗泉湧寺派大本山 浄土寺HP
  3. ^ 読谷村で熱い歓迎/大阪の清風高校

関連項目[編集]

外部リンク[編集]