雲龍院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雲龍院
Unryuin Kyoto15n4592.jpg
龍華殿
所在地 京都府京都市東山区泉涌寺山内町36
位置 北緯34度58分37.7秒 東経135度46分48.4秒 / 北緯34.977139度 東経135.780111度 / 34.977139; 135.780111座標: 北緯34度58分37.7秒 東経135度46分48.4秒 / 北緯34.977139度 東経135.780111度 / 34.977139; 135.780111
山号 瑠璃山
院号 雲龍院
宗旨 古義真言宗
宗派 真言宗泉涌寺派
寺格 別格本山
本尊 薬師如来
創建年 応安5年(1372年
開基 後光厳天皇
正式名 瑠璃山雲龍院
札所等 西国薬師四十九霊場40番
泉山七福神巡り5番(大黒天
文化財 本堂ほか(重要文化財)
法人番号 7130005002220
テンプレートを表示
書院の「悟りの窓」
霊明殿
庭園

雲龍院(うんりゅういん)は京都府京都市東山区泉涌寺山内町にある真言宗泉涌寺派の寺院。泉涌寺別院。山号は瑠璃山で、本尊は薬師如来。西国薬師四十九霊場40番札所。泉山七福神巡り5番(大黒天)札所。

歴史[編集]

南北朝時代北朝後光厳天皇の勅願により、竹巌聖皐を開山として応安5年(1372年)に龍華院と共に創建された。後円融天皇後小松天皇称光天皇など皇室帰依を受けて発展したとされる。

文明2年(1470年)には応仁の乱の余波を受けて全焼し、後光厳天皇後円融天皇の尊像を残すのみとなるほどの被害を被った。

江戸時代初期、如周宗師が隣接する後円融天皇縁の龍華院を併合する。

勅願の寺院で皇室との縁の深さから、他の塔頭と同じく泉涌寺山内にありながら別格本山という高い寺格が与えられている。また、霊明殿には北朝歴代天皇の御尊牌が奉安されている。

毎年1月の第2月曜日成人の日)に行われる泉山七福神巡りでは五番として大黒天を奉祀する。

伽藍[編集]

文化財[編集]

重要文化財[編集]

その他[編集]

利用情報[編集]

  • 開門時間 – 9:00 – 16:30、夏季は9:00 – 17:00
  • 所在地 – 〒605-0977 京都府京都市東山区泉涌寺山内町36

交通アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 竹村俊則『昭和京都名所図会 洛東上』駸々堂、1980
  • 雲龍院パンフレット「泉涌寺別格本山雲龍院の由緒」

外部リンク[編集]