小部 (パーリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パーリ仏典 > 経蔵 (パーリ) > 小部 (パーリ)

小部(しょうぶ、: Khuddaka Nikāya, クッダカ・ニカーヤ)とは、仏教パーリ仏典経蔵を構成する「五部」(: Pañca Nikāya, パンチャ・ニカーヤ)の内の、第5番目(最後)の「部」(nikāya, ニカーヤ)のこと。 KNと略称する。

他の「部」(nikāya, ニカーヤ)に振り分けることができない、特異な経典をまとめた「残余」の領域である。冒頭の『小誦経』(しょうじゅきょう、Khuddaka-pāṭha, クッダカ・パータ)に因んで、「小部」(しょうぶ、Khuddaka Nikāya, クッダカ・ニカーヤ)と名付けられている。

名前とは裏腹に、文量は決して小さいわけではなく、むしろ『本生経』(ジャータカ)や『譬喩経』(Apadāna, アパダーナ)を中心に、膨大な文量を誇り、「五部」(Pañca Nikāya, パンチャ・ニカーヤ)の中でも圧倒的に多い。例えば、大蔵出版の『南伝大蔵経』では、「長部」が全3巻、「中部」が全4巻、「相応部」が全6巻、「増支部」が全7巻なのに対して、「小部」には全22巻[1]を費やしている。

構成[編集]

以下の18経で構成されるが、下の3つは蔵外扱いになることも多い[2]

  • 1. 『小誦経』(しょうじゅきょう、Khuddaka-pāṭha, クッダカ・パータ
  • 2. 『法句経』(ほっくぎょう、Dhammapada, ダンマパダ
  • 3. 『自説経』(じせつきょう、Udāna, ウダーナ
  • 4. 『如是語経』(にょぜごきょう、Itivuttaka, イティヴッタカ
  • 5. 『経集』(きょうしゅう、Sutta-nipāta, スッタニパータ
  • 6. 『天宮事経』(てんぐうじきょう、Vimāna-vatthu, ヴィマーナヴァットゥ
  • 7. 『餓鬼事経』(がきじきょう、Peta-vatthu, ペータヴァットゥ
  • 8. 『長老偈経』(ちょうろうげきょう、Thera-gāthā, テーラガーター
  • 9. 『長老尼偈経』(ちょうろうにげきょう、Therī-gāthā, テーリーガーター
  • 10. 『譬喩経』(ひゆきょう、Apadāna, アパダーナ
  • 11. 『仏種姓経』(ぶっしゅしょうきょう、Buddha-vaṃsa, ブッダ・ヴァンサ
  • 12. 『所行蔵経』(しょぎょうぞうきょう、Cariyā-piṭaka, チャリヤー・ピタカ
  • 13. 『本生経』(ほんしょうきょう、Jātaka, ジャータカ
  • 14. 『義釈』(ぎしゃく、Niddesa, ニッデーサ
    • 14-1. 『大義釈』(だいぎしゃく、Mahā-niddesa, マハー・ニッデーサ)
    • 14-2. 『小義釈』(しょうぎしゃく、Cūḷa-niddesa, チューラ・ニッデーサ)
  • 15. 『無礙解道』(むげげどう、Paṭisambhidā-magga, パティサンビダー・マッガ

---

日本語訳[編集]

全訳[編集]

  • 『南伝大蔵経・経蔵・小部経典1-22』(23-44巻) 大蔵出版
  • 『小部経典』 全10巻、正田大観、Evolving/Kindle 2015年

部分訳[編集]

ダンマパダ(法句経)

スッタニパータ(経集)

テーラガーター(長老偈経)

  • 『仏弟子の告白―テーラガーター』中村元訳 岩波文庫

テーリーガーター(長老尼偈経)

  • 『尼僧の告白―テーリーガーター』中村元訳 岩波文庫

ジャータカ(本生経)

  • 『ジャータカ全集』(全10巻)中村元監修 春秋社

ミリンダパンハ(弥蘭陀王問経)

脚注[編集]

  1. ^ 「蔵外」扱いの『弥蘭王問経』(ミリンダパンハ, 「ミリンダ王の問い」)を除いた量。
  2. ^ WEB南伝大蔵経目録[リンク切れ] p27

関連項目[編集]

外部リンク[編集]