カンナカッタラ経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パーリ仏典 > 経蔵 (パーリ) > 中部 (パーリ) > カンナカッタラ経

カンナカッタラ経[1](カンナカッタラきょう、: Kaṇṇakatthala-sutta, カンナカッタラ・スッタ)とは、パーリ仏典経蔵中部に収録されている第90経。『普棘刺林経』(ふこくしりんきょう)[2]、『一切智経』(いっさいちきょう)[3]とも。

類似の伝統漢訳経典としては、『中阿含経』(大正蔵26)の第212経「一切智経」がある。

カンナカッタラ(普棘刺林)にて、釈迦とアーナンダが、コーサラ国パセーナディ等に仏法を説く。

構成[編集]

登場人物[編集]

場面設定[編集]

ある時、釈迦は、ウルンニャーカンナカッタラ(普棘刺林)鹿苑に滞在していた。

そこにコーサラ国のパセーナディ王たちが訪れ、釈迦が「一切智」(あらゆる智)を持った者だという風聞を聞いたが本当かと問う。

釈迦はそれは誤りであると答える。パセーナディ王が将軍ヴィドゥーダバに風聞の出処を尋ねると、将軍は婆羅門アーカーサゴッタが風聞の出処だと答える。

王は釈迦に、階級制度(カースト)が絶対的なものかどうか問う。釈迦は5つの善を挙げ、それが獲得・維持されている間は階級的区別は失われるが、その5つの善が失われると階級的区別と抑圧・隷属が生じること、またその5つの善を獲得することで解脱に至るし、解脱の境地は出身階級など関係無く平等であると説く。

将軍ヴィドゥーダバが、釈迦に神々(諸天)の存在とその善悪を問うと、釈迦の代わりにアーナンダが、善神は上方に、悪神は下方にいること、上方から下方は見えるが、下方からは上方は見えないことなどを説く。

王たちは歓喜して帰っていく。

日本語訳[編集]

  • 『南伝大蔵経・経蔵・中部経典3』(第11巻上) 大蔵出版
  • 『パーリ仏典 中部(マッジマニカーヤ)中分五十経篇II』 片山一良訳 大蔵出版
  • 『原始仏典 中部経典3』(第6巻) 中村元監修 春秋社

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『パーリ仏典』片山
  2. ^ 『南伝大蔵経』
  3. ^ 『原始仏典』中村

関連項目[編集]

外部リンク[編集]