天宮事経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天宮事経[1](てんぐうじきょう、: Vimāna-vatthuヴィマーナヴァットゥ)とは、パーリ仏典経蔵小部の第6経。

天界の有り様とそこに生まれることになった業を説いたもの[2]

構成[編集]

2つの篇から成る。

  1. 女天宮(Itthi-vimāna)
  2. 男天宮(Purisa-vimāna)

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]