経分別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

経分別(きょうふんべつ、: Sutta-vibhanga, スッタ・ヴィバンガ[1]とは、上座部仏教の『パーリ仏典』「パーリ律」において、出家修行者(比丘比丘尼)が守る戒律具足戒波羅提木叉)に関する説明を述べた領域のこと。

構成[編集]

以下の2篇からなる。

大分別(だいふんべつ、: Mahā-vibhanga, マハー・ヴィバンガ) --- 比丘戒(227戒)

  • 1.波羅夷(はらい、: pārājika, パーラージカ)(4戒)
  • 2.僧残法(そうざん-ほう、: saṇghādisesa, サンガーディセーサ)(13戒)
  • 3.不定法(ふじょう-ほう、: aniyata, アニヤタ)(2戒)
  • 4.捨堕法(しゃだ-ほう、: nissaggiya-pācittiya, ニッサッギヤ・パーチッティヤ)(30戒)
  • 5.波逸提法(はいつだい-ほう、: pācittiya, パーチッティヤ)(92戒)
  • 6.提舎尼法(だいしゃに-ほう、: pāṭidesanīya, パーティデーサニーヤ)(4戒)
  • 7.衆学法(しゅがく-ほう、: sekhiya, セーキヤ)(75戒)
  • 8.滅諍法(めつじょう-ほう、: adhikaraṇa-samathā, アディカラナ・サマター)(7戒)

比丘尼分別(びくにふんべつ、: Bhikkhuni-vibhanga, ビックニ・ヴィバンガ) --- 比丘尼戒(311戒)

  • 1.波羅夷(はらい、: pārājika, パーラージカ)(8戒)
  • 2.僧残法(そうざん-ほう、: saṇghādisesa, サンガーディセーサ)(17戒)
  • 3.捨堕法(しゃだ-ほう、: nissaggiya-pācittiya, ニッサッギヤ・パーチッティヤ)(30戒)
  • 4.波逸提法(はいつだい-ほう、: pācittiya, パーチッティヤ)(166戒)
  • 5.提舎尼法(だいしゃに-ほう、: pāṭidesanīya, パーティデーサニーヤ)(8戒)
  • 6.衆学法(しゅがく-ほう、: sekhiya, セーキヤ)(75戒)
  • 7.滅諍法(めつじょう-ほう、: adhikaraṇa-samathā, アディカラナ・サマター)(7戒)

日本語訳[編集]

  • 『南伝大蔵経 律蔵1-2』(第1巻-第2巻) 大蔵出版

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]