蘊相応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蘊相応[1](うんそうおう、: Khandha-saṃyutta, カンダ・サンユッタ)とは、パーリ仏典経蔵相応部に収録されている第22相応。

構成[編集]

15品159経から成る。

  1. Nakulapitu-vaggo --- 全11経
  2. Anicca-vaggo --- 全10経
  3. Bhāra-vaggo --- 全11経
  4. Natumhākaṃ-vaggo --- 全10経
  5. Attadīpa-vaggo --- 全10経
  6. Upaya-vaggo --- 全10経
  7. Arahanta-vaggo --- 全10経
  8. Khajjanīya-vaggo --- 全10経
  9. Thera-vaggo --- 全10経
  10. Puppha-vaggo --- 全10経
  11. Anta-vaggo --- 全10経
  12. Dhammakathika-vaggo --- 全13経
  13. Avijjā-vaggo --- 全10経
  14. Kukkuḷa-vaggo --- 全14経
  15. Diṭṭhi-vaggo --- 全10経

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『南伝大蔵経』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]