義釈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

義釈[1](ぎしゃく、: Niddesaニッデーサ)とは、パーリ仏典経蔵小部の第14経。

スッタニパータ』に対する注釈という体裁になっている。伝承では『無礙解道』と共にサーリプッタ舎利弗)の作とされる[2]

構成[編集]

以下の2篇から成る。

  • 大義釈(だいぎしゃく、: Mahā-Niddesaマハー・ニッデーサ) --- 『スッタニパータ』第4章(Atthaka Vagga)に対する注釈。
  • 小義釈(しょうぎしゃく、: Cūḷa-Niddesaチューラ・ニッデーサ) --- 『スッタニパータ』第5章(Parayana Vagga)及び第1章の3「犀の角経」(Khaggavisana Sutta)に対する注釈。

日本語訳[編集]

  • 『南伝大蔵経』 大蔵出版
  • 『小部経典』 第8巻(大義釈)-第9巻(小義釈)、正田大観、Kindle 2015年

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]