コンテンツにスキップ

清水俊史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

清水 俊史(しみず としふみ 1983年[1] ‐ )は日本の仏教学者投資家[2]僧侶浄土宗浄運寺[1][3]

経歴

[編集]

長野県生まれ[1]佛教大学文学部卒業後、2013年同大学大学院博士課程修了(博士(文学)[4]博士論文題目は『部派仏教における業の研究』[5]

その後、日本学術振興会特別研究員PD、佛教大学総合研究所特別研究員などをつとめる[4]

2018年、『阿毘達磨仏教における業論の研究 : 説一切有部と上座部を中心に』により浄土宗学術賞[1]

著書

[編集]
  • 『部派仏教における業の研究』[佛教大学博士論文], 2013
  • 『阿毘達磨仏教における業論の研究 : 説一切有部と上座部を中心に』大蔵出版, 2017
  • 『上座部仏教における聖典論の研究』大蔵出版, 2021
  • 『ブッダという男 : 初期仏典を読みとく』 (ちくま新書 ; 1763) 筑摩書房, 2023
  • 『初期仏典の解釈学 : パーリ三蔵と上座部註釈家たち』大蔵出版, 2024

脚注

[編集]

外部リンク

[編集]