無戯論経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

無戯論経[1](むけろんきょう、: Apaṇṇaka-sutta, アパンナカ・スッタ)とは、パーリ仏典経蔵中部に収録されている第60経。『無碍経』(むげきょう)[2]とも。

釈迦が、とある婆羅門に仏法を説く。

構成[編集]

登場人物[編集]

場面設定[編集]

ある時、釈迦は、コーサラ国のサーラーという婆羅門村を遊行していた。

そこである婆羅門が、釈迦に根拠ある堅固な教えについて問う。

釈迦は、それにまつわる五法・五業、自他の苦の区別による四種の人を説き、更に十善戒六根六境四禅三明三漏について説く。

婆羅門は法悦し、三宝への帰依を誓う。

日本語訳[編集]

  • 『南伝大蔵経・経蔵・中部経典2』(第10巻) 大蔵出版
  • 『パーリ仏典 中部(マッジマニカーヤ)中分五十経篇I』 片山一良訳 大蔵出版
  • 『原始仏典 中部経典2』(第5巻) 中村元監修 春秋社

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『南伝大蔵経』
  2. ^ 『パーリ仏典』片山

関連項目[編集]

外部リンク[編集]