十善戒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

十善戒(じゅうぜんかい)とは、仏教における十悪(十不善業道)を否定形にして、戒律としたもの。江戸時代後期の徳僧、慈雲尊者によって広く宣揚された。日本では真言宗系で重んじられるが、四国遍路の大衆化により宗派を問わず普及してきている。天台宗系では十重禁戒が重んじられる。

内容は、三業(身口意)にそれぞれ3-4-3で対応するようになっている[1]

十善戒[編集]

十地経』(『華厳経』十地品)第二「菩薩住離垢地」で勧められる、菩薩としてなすべき十の良いことをすることの戒め。

  • 身業
    • 不殺生(ふせっしょう) 故意に生き物を殺さない。
    • 不偸盗(ふちゅうとう) 与えられていないものを自分のものとしない。
    • 不邪淫(ふじゃいん) 不倫など道徳に外れた関係を持たない。
  • 口業
    • 不妄語(ふもうご) 嘘をつかない。
    • 不綺語(ふきご) 中身の無い言葉を話さない。
    • 不悪口(ふあっく) 乱暴な言葉を使わない。
    • 不両舌(ふりょうぜつ) 他人を仲違いさせるようなことを言わない。
  • 意業
    • 不慳貪(ふけんどん) 激しい欲をいだかない。
    • 不瞋恚(ふしんに) 激しい怒りをいだかない。
    • 不邪見(ふじゃけん) (因果の道理を無視した)誤った見解[2]を持たない。

十不善業道[編集]

  • 身業
    • 殺生(: pāṇātipāta) 
    • 不与取(: adinnādāna
    • 邪淫(: kāmesu micchācāra
  • 口業
    • 妄語(: musāvāda
    • 綺語(: samphappalāpa
    • 粗悪語(: pisuṇāvācā
    • 離間語(: pharusāvācā
  • 意業
    • 貪欲(: abhijjhā
    • 瞋恚(: vyāpāda
    • 邪見(: micchādiṭṭhi

十善業道[編集]

  • 身業
    • 殺生から離れること(: pāṇātipātā veramaṇī, : prāṇātipātāt prativirataḥ[3]) 
    • 不与取から離れること(: adinnādānā veramaṇī, : adattādānāt prativirataḥ[3]
    • 邪淫から離れること(: kāmesu micchācārā veramaṇī, : kāmamithyācārāt prativirataḥ[3]
  • 口業
    • 妄語から離れること(: musāvādā veramaṇī, : mṛṣāvādāt prativirataḥ[3]
    • 綺語から離れること(: samphappalāpā veramaṇī, : sambhinna-pralāpāt prativirataḥ[4]
    • 粗悪語から離れること(: pisuṇāvācā veramaṇī, : piśunavacanāt prativirataḥ[4]
    • 離間語から離れること(: pharusāvācā veramaṇī, : paruṣavacanāt prativirataḥ[4]
  • 意業
    • 無貪欲(: anabhijjhā, : anabhidhyāluḥ[4]
    • 無瞋恚(: abyāpāda, : avyāpannacittaḥ[4]
    • 正見(: sammādiṭṭhi, : samyagdṛṣṭiḥ[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]