八斎戒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

八斎戒はっさいかい)とは、仏教帰依する際に授かる戒律の1つで、六斎日あるいは十斎日に、在家の信徒が守るべき8つの生活規則のことである。

構成[編集]

仏教の在家信者の守るべき基本的な五戒に後述の3つの戒を加えたもので、五戒の内「不邪淫戒」の代わりに 「不淫戒」を差し替えて、斎日に行動を慎むもの。

八斎戒

  1. 殺さない。(不殺生戒)
  2. 盗みをしない。(不偸盗戒)
  3. あらゆる性行為を行わない(不淫戒)
  4. 嘘をつかない。(不妄語戒)
  5. 酒を飲まない。(不飲酒戒)
  6. 正午以降は食事をしない。(不得過日中食戒)
  7. 歌舞音曲を見たり聞いたりせず、装飾品、化粧・香水など身を飾るものを使用しない。(不得歌舞作楽塗身香油戒)
  8. 贅沢な寝具や座具でくつろがない。(不得坐高広大床戒)

以上の8つの戒を守る。

通常は在家の信徒が寺院に詣でて法話を聞いたり、布施等を行うための斎日で、『上座部仏教』と『大乗仏教』では月に6日間(6回)の六斎日を、また、更に『密教』では月に10日間(10回:日本では観音の縁日)の十斎日に守れば良いとされた。

脚注・出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

リンク[編集]

八斎戒 - 真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺