大ヴァッチャ経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パーリ仏典 > 経蔵 (パーリ) > 中部 (パーリ) > 大ヴァッチャ経

大ヴァッチャ経[1](だいヴァッチャきょう、: Mahāvaccha-sutta, マハーヴァッチャ・スッタ)とは、パーリ仏典経蔵中部に収録されている第73経。『婆蹉衢多大経』(ばさぐただいきょう)[2]とも。

釈迦が、外道の修行者ヴァッチャヴァッチャゴッタ)に仏法を説き、彼が出家する様が描かれる。

構成[編集]

登場人物[編集]

場面設定[編集]

ある時、釈迦はマガダ国ラージャガハ王舎城)のカランダカニヴァーパ竹林精舎)に滞在していた。

そこに外道の修行者ヴァッチャが訪れ、善悪について尋ねる。釈迦は十善戒を説く。

続いて出家者の解脱や在家の色界不還到達を教えられたヴァッチャは、三宝への帰依を誓う。釈迦は4ヶ月の後に出家することを勧め、後にヴァッチャは出家者となる。

出家した後に釈迦のもとに訪れたヴァッチャに、釈迦は止観六神通について説く。

ヴァッチャは精進し、後に阿羅漢となる。

日本語訳[編集]

  • 『南伝大蔵経・経蔵・中部経典2』(第10巻) 大蔵出版
  • 『パーリ仏典 中部(マッジマニカーヤ)中分五十経篇I』 片山一良訳 大蔵出版
  • 『原始仏典 中部経典2』(第5巻) 中村元監修 春秋社

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『原始仏典』中村、『パーリ仏典』片山
  2. ^ 『南伝大蔵経』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]