シンガーラ経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シンガーラ経[1]: Siṅgāla-sutta, シンガーラ・スッタ)とは、パーリ仏典経蔵長部の第31経。『教授尸伽羅越経[2](きょうじゅしからえつきょう、: Sigalovada-sutta, シガローヴァダ・スッタ)、『善生経[3](ぜんしょうきょう)とも。

類似の伝統漢訳経典としては、『長阿含経』(大正蔵1)の第16経「善生経」、『尸迦羅越六方礼経』(大正蔵16)、『善生子経』(大正蔵17)、『中阿含経』(大正蔵26)の第135経「善生経」がある。

経名の「シンガーラ」(Siṅgāla)、「シガローヴァダ」(Sigalovada)、「善生」(ぜんしょう)等は、いずれも経中に登場する同一人物。

構成[編集]

登場人物[編集]

場面設定[編集]

ある時釈迦は、マガダ国ラージャガハ王舎城)のカランダカニヴァーパ竹林精舎)に滞在していた。

そこには、長者の息子シンガーラが住んでおり、父親の教え通り、東西南北上下の六方角に毎朝礼拝していた。

釈迦はそんな彼に、四戒(五戒)、四毒(三毒)、六門、四敵・四友、仏弟子としての六方角礼拝、様々な関係性における五法などを説いた。

シンガーラは法悦し、三宝への帰依を誓った。

内容[編集]

日本語訳[編集]

  • 『南伝大蔵経・経蔵・長部経典3』(第8巻) 大蔵出版
  • 『パーリ仏典 長部(ディーガニカーヤ) パーティカ篇I』 片山一良訳 大蔵出版
  • 『原始仏典 長部経典3』 中村元監修 春秋社

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『パーリ仏典』片山
  2. ^ 『南伝大蔵経』
  3. ^ 『原始仏典』中村

関連項目[編集]

外部リンク[編集]