経蔵 (パーリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パーリ仏典 > 経蔵 (パーリ)

経蔵: Sutta Pitaka, スッタ・ピタカ)とは、『パーリ仏典』の三蔵: Ti-pitaka, ティピタカ)における2番目の蔵(pitaka)であり、釈迦が説いた教え(仏説)についての文献である: Sutta, スッタ)が収められた領域のこと。

ここに収められている経は、大乗仏教経典は含まず、漢訳経典で言えば概ね『阿含経』に相当する内容となっている[1]

構成[編集]

『パーリ仏典』の経蔵は、以下の「五部」(: Pañca Nikāya, パンチャ・ニカーヤ)によって構成される。

  • 長部(ちょうぶ、: Dīgha Nikāya, ディーガ・ニカーヤ) --- 長編経典集
  • 中部(ちゅうぶ、: Majjhima Nikāya, マッジマ・ニカーヤ) --- 中編経典集
  • 相応部(そうおうぶ、: Saṃyutta Nikāya, サンユッタ・ニカーヤ) --- テーマ別短編経典集
  • 増支部(ぞうしぶ、: Anguttara Nikāya, アングッタラ・ニカーヤ) --- 数字別短編経典集
  • 小部(しょうぶ、: Khuddaka Nikāya, クッダカ・ニカーヤ) --- 特異な経典集

日本語訳[編集]

全訳[編集]

  • 『南伝大蔵経・経蔵』(全39巻42冊) 大蔵出版

部分訳[編集]

経蔵長部[編集]

経蔵長部 全訳

サーマンニャパラ経(沙門果経)

マハーパリニッバーナ経(大般涅槃経)

  • 『ブッダ最後の旅―大パリニッバーナ経』中村元訳 岩波文庫

経蔵中部[編集]

経蔵中部 全訳

  • 『原始仏典 中部経典1-4』(第4-7巻)中村元監修 春秋社
  • 『パーリ仏典 中部(マッジマニカーヤ)』(全6巻)片山一良訳 大蔵出版

マハー(大)ハッティパドーパマ経(象跡喩大経)

  • 『世界の名著〈1〉バラモン教典, 原始仏典 』「象の足跡のたとえ」中央公論社

チューラ(小)マールキヤ経(摩羅迦小経)

  • 『世界の名著〈1〉バラモン教典, 原始仏典 』「毒矢のたとえ」中央公論社

アングリマーラ経(鴦掘摩経)

  • 『世界の名著〈1〉バラモン教典, 原始仏典 』「兇賊の帰依」中央公論社

アッサラーヤナ経(阿摂惒経)

  • 『世界の名著〈1〉バラモン教典, 原始仏典 』「階級の平等」中央公論社

バフダートゥカ経(多界経)

  • 『世界の名著〈1〉バラモン教典, 原始仏典 』「種々の界」中央公論社

経蔵相応部[編集]

経蔵相応部 全訳

  • 『原始仏典II 相応部経典』(全6巻)中村元監修 春秋社
  • 『パーリ仏典 相応部(サンユッタニカーヤ)』(全10巻)片山一良訳 大蔵出版

有偈篇 全訳

  • 『ブッダ神々との対話―サンユッタ・ニカーヤ1 』中村元訳 岩波文庫
  • 『ブッダ悪魔との対話――サンユッタ・ニカーヤ2 』中村元訳 岩波文庫

デヴァター相応(諸天相応)

  • 『世界の名著〈1〉バラモン教典, 原始仏典 』「サミッディの出家」中央公論社

ブラフマ相応(梵天相応)

  • 『世界の名著〈1〉バラモン教典, 原始仏典 』「説法の要請(梵天勧請)」中央公論社

サッチャ相応(諦相応)

  • 『世界の名著〈1〉バラモン教典, 原始仏典 』「はじめての説法(初転法輪)」中央公論社

経蔵増支部[編集]

  • 『原始仏典III 相応部経典』(全8巻 - 刊行中)中村元監修 春秋社

経蔵小部[編集]

経蔵小部 全訳

  • 『小部経典』 全10巻、正田大観、Evolving/Kindle 2015年

ダンマパダ(法句経)

  • 『ブッダの真理のことば・感興のことば』中村元訳 岩波文庫

スッタニパータ(経集)

テーラガーター(長老偈経)

  • 『仏弟子の告白―テーラガーター』中村元訳 岩波文庫

テーリーガーター(長老尼偈経)

  • 『尼僧の告白―テーリーガーター』中村元訳 岩波文庫

ジャータカ(本生経)

  • 『ジャータカ全集』(全10巻)中村元監修 春秋社

ミリンダパンハ(弥蘭陀王問経)

  • 『世界の名著〈1〉バラモン教典, 原始仏典 』中央公論社
  • 『ミリンダ王の問い―インドとギリシアの対決』中村元・早島鏡正東洋文庫

その他[編集]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]