狗行者経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

狗行者経[1](くぎょうじゃきょう、: Kukkuravatika-sutta, クックラヴァティカ・スッタ)とは、パーリ仏典経蔵中部に収録されている第57経。『犬行者経』(けんぎょうじゃきょう)とも[2]

釈迦が裸行者であるプンナセーニヤに仏法を説き、彼らを仏教へと帰依させる様を描く。

構成[編集]

登場人物[編集]

場面設定[編集]

ある時、釈迦は、コーリヤ(Koliya)人たちの街ハリッダヴァサナに滞在していた。

そこに象を真似る裸行者プンナと犬を真似る裸行者セーニヤがやって来て、互いの転生先をしつこく釈迦に尋ねる。

釈迦は、畜生を真似る者は畜生に生まれ変わると指摘しつつ、4つの業の分別を説く。

2人は法悦して三宝に帰依し、プンナは在家信徒に、セーニヤは出家して比丘となり、後に阿羅漢となった。

日本語訳[編集]

  • 『南伝大蔵経・経蔵・中部経典2』(第10巻) 大蔵出版
  • 『パーリ仏典 中部(マッジマニカーヤ)中分五十経篇I』 片山一良訳 大蔵出版
  • 『原始仏典 中部経典2』(第5巻) 中村元監修 春秋社

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『南伝大蔵経』
  2. ^ 『原始仏典』中村、『パーリ仏典』片山

関連項目[編集]

外部リンク[編集]