四集 (増支部)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パーリ仏典 > 経蔵 (パーリ) > 増支部 > 四集 (増支部)

四集[1](ししゅう、: Catukka-nipāta, チャトゥッカ・ニパータ)とは、パーリ仏典経蔵増支部の第4集。

構成[編集]

28品783経(項目)から成る。

  • 初の五十
  • 第二の五十
  • 第三の五十
  • 第四の五十
    • 16.根品(Indriya-vaggo) --- 151-160
    • 17.行品(Paṭipadā-vaggo) --- 161-170
    • 18.故思品(Sañcetaniya-vaggo) --- 171-180
    • 19.婆羅門品(Brāhmaṇa-vaggo) --- 181-190
    • 20.大品(Mahā-vaggo) --- 191-200
  • 第五の五十
    • 21.善士品(Sappurisa-vaggo) --- 201-210
    • 22.荘飾品(Parisā-vaggo) --- 211-220
    • 23.妙行品(Duccarita-vaggo) --- 221-231
    • 24.業品(Kamma-vaggo) --- 232-242
    • 25.犯畏品(Āpattibhaya-vaggo) --- 243-253
    • 26.通慧品(Abhiññā-vaggo) --- 254-263
    • 27.業道品(Kammapatha-vaggo) --- 264-273
    • 28.貪品(Rāga-peyyālaṃ) --- 274-783

日本語訳[編集]

  • 『南伝大蔵経・経蔵・増支部経典2』(第18巻) 大蔵出版

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『南伝大蔵経』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]