バークラ経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

バークラ経[1](バークラきょう、: Bākula-sutta, バークラ・スッタ)とは、パーリ仏典経蔵中部に収録されている第124経。『薄拘羅経』(ばっくらきょう)[2]とも。

類似の伝統漢訳経典としては、『中阿含経』(大正蔵26)の第32経「薄拘羅経」がある。

バークラ薄拘羅)長老が、友人である裸行者カッサパに、自身の80年に及ぶ修行生活を説いていく。

構成[編集]

登場人物[編集]

  • バークラ薄拘羅) --- 仏弟子の一人。160歳。
  • カッサパ --- バークラの友人である裸行者。バークラによって仏道へと導かれ、阿羅漢となる。

場面設定[編集]

ある時、バークラ(薄拘羅)長老は、ラージャガハ王舎城)のカランダカニヴァーパ竹林精舎)に滞在していた。

そこに彼の古い友人である裸行者カッサパが訪れ、彼に出家して何年になるか問う。バークラ長老は80年と答える。

裸行者カッサパはその80年の間に何を守ったか問う。バークラ長老は自分が80年間守り通した戒律を列挙していく。

裸行者カッサパは感嘆し、バークラ長老に導かれて仏道の出家者となり、間もなく阿羅漢となる。

バックラ長老は、しばらくして坐ったまま入滅(般涅槃)する。

日本語訳[編集]

  • 『南伝大蔵経・経蔵・中部経典4』(第11巻下) 大蔵出版
  • 『パーリ仏典 中部(マッジマニカーヤ)後分五十経篇I』 片山一良訳 大蔵出版
  • 『原始仏典 中部経典4』(第7巻) 中村元監修 春秋社

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『パーリ仏典』片山
  2. ^ 『南伝大蔵経』、『原始仏典』中村

関連項目[編集]

外部リンク[編集]