サンガーラヴァ経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パーリ仏典 > 経蔵 (パーリ) > 中部 (パーリ) > サンガーラヴァ経

サンガーラヴァ経[1](サンガーラヴァきょう、: Saṅgārava-sutta, サンガーラヴァ・スッタ)とは、パーリ仏典経蔵中部に収録されている第100経。『傷歌邏経』(しょうがらきょう)[2]とも。

釈迦が、青年スバ(須婆)に仏法を説く。

構成[編集]

登場人物[編集]

場面設定[編集]

ある時、釈迦はコーサラ国チャンダラカッパ村に滞在していた。

その村に住む婆羅門サンガーラヴァは、仏教を信奉する女の婆羅門ダーナンジャーニーを批判するが、彼女に勧められ、釈迦を訪ねてみる。

サンガーラヴァは、釈迦が説いている法は、誰かから教わったものか、自ら悟ったものか問う。釈迦は自ら悟り確認したものだと述べつつ、自身の修行時代(アーラーラ・カーラーマウッダカ・ラーマプッタへの師事やセーナー村での解脱)や、四禅三明などについて説く。

続いてスバは、神が居るかどうか問う。釈迦は自ら確めているので居ると答えるが、自ら確かめないまま無闇に信じる者がいるので、問われなければそれを積極的に説くことは無いと言う。

スバは法悦し、三宝への帰依を誓う。

日本語訳[編集]

  • 『南伝大蔵経・経蔵・中部経典3』(第11巻上) 大蔵出版
  • 『パーリ仏典 中部(マッジマニカーヤ)中分五十経篇II』 片山一良訳 大蔵出版
  • 『原始仏典 中部経典3』(第6巻) 中村元監修 春秋社

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『原始仏典』中村、『パーリ仏典』片山
  2. ^ 『南伝大蔵経』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]