アーラーラ・カーラーマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アーラーラ・カーラーマサンスクリット語:Ālāra Kālāma、漢字:阿羅邏迦蘭)は古代インド思想家で、釈迦出家後に師事した人物の1人。

概説[編集]

ヴァイシャリー城外に在していたという。なお、『因果経』3や『修行本起経』下などでは、阿羅邏と迦蘭を分かち2人とする説もある。またラージャガハ(王舎城)の人ともされる。

南伝仏教の文献によると、釈迦は出家直後に道を求めんとして、彼のもとを訪れ「空無辺処」の教えを聞いて、間もなくその境地を証得した。彼は釈迦が自分と同じ境地を得たことを知ると、自分の弟子の300人を共に率いていくことを要請した。しかし釈迦はその境地は真の悟りを得る道ではないと覚り、彼のもとを去って次にウッダカ・ラーマプッタのもとへ行ったという。 なお、『方広大荘厳経』7では彼の説いた境地は「無所有処」とするので、北伝仏教の仏説ではこれを一般視する向きが多い。

南伝『マーハ・ヴァッガ』には、仏が成道して初めて説法(初転法輪)をする7日前に死んだとされる。なお、五分律では初転法輪の前夜とする。

また『マハーパリニッバーナ経』(いわゆる小乗の『大般涅槃経』・『遊行経』のこと)に、仏の最後から2番目の弟子(在家)として「福貴(Pukksa、プックサ)」という名前が挙げられているが、福貴はもとはアーラーラ・カーラーマの弟子だったといわれる。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]