所行蔵経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

所行蔵経[1](しょぎょうぞうきょう、: Cariyā-piṭakaチャリヤー・ピタカ)とは、パーリ仏典経蔵小部の第12経。

本生譚の中から十波羅蜜の各項に当てはまるものを選んで詩形式でまとめたもの[2]

構成[編集]

  1. アキッティ品(Akitti-vagga)
  2. 巨象品(Hatthināga-vagga)
  3. ユダンジャヤ品(Yudhañjaya-vagga)

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]