荒牧典俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒牧 典俊(あらまき のりとし、1936年10月14日 - )は、仏教学者、京都大学名誉教授。

経歴[編集]

神奈川県出身。1959年京都大学文学部仏教学科卒、同博士課程中退、京大教養部助教授、84年「南朝前半期における教相判釈の成立について」で京大文学博士大阪大学教授、91年京都大学人文科学研究所教授、2000年定年退官、名誉教授、大谷大学教授、京都光華女子大学教授、京都光華女子大学真宗文化研究所所長[1][要ページ番号]

編著書[編集]

  • 『北朝隋唐中国仏教思想史』編著 法藏館 2000
  • 『ブッダのことばから浄土真宗へ』京都光華女子大学真宗文化研究所編 自照社出版 光華選書 2008

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』